体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マスコミの期待に反して仲が良い?川島なお美夫妻がゲストで乾杯!シャンパーニュ「COLLET」新商品発表会

01IMG_4172_R

フランスのシャンパーニュCOLLET(コレ)の新商品発表会が9月7日に都内で開催されたので取材した。

02IMG_3946_R

シャンパーニュとはシャンパンあるいはシャンペンのことで、要はスパークリングワインのことであるが、フランスシャンパーニュ地方で法令により定められた製法で作られたもの以外はこの名称を使用することができないことになっている。
従って、シャンパーニュやシャンパンの名称はそのものがブランドとなる。

03IMG_4066_R

日本初上陸の同ブランドの紹介は、プレスリリースによると次の通り。

シャンパーニュ【COLLET】はワインの AOC(品質、品格を最高に保つために生産者が共通の企画を有し厳格な規定に基づき高級シャンパンを生産するための規格)を作った団体の一人である、コレ氏のシャンパンです。
1921 年、舌の肥えたシャンパンを愛する、シャンパン愛好家を満足させるため、優雅で繊細な真のシャンパンを追求したところから始まりました。コレはシャンパーニュ地方の中心に位置し、良質なブドウの産地として有名なアイ村で作られています。アイ村は美味しいシャンパンを造る必要な条件が完璧にそろっている土地なのです。コレのシャンパンは上品で、洗練されており、ワンランク上の味わいを楽しめます。

04IMG_4055_R

記者は提供された2種類のシャンパーニュを試飲した。
ソムリエではないので素人の舌で恐縮だが、シャンパンというとど、なんとなく乾杯の時だけに飲む軽いテイストのアルコールだという先入観があったが、全く違っていて「お酒」ということを改めて思いおこさせてくれるラグジュアリーな香りと味は、そこにあるだけで上品な気分になれる。

06-2015-09-07 19.13.42_R

同席したいつも記者の取材に撮影協力してくれるモデルのNana.さんのこの日の肩書はグルメライターで元パティシエ。
毎度変わる肩書にびっくりだが、シャンパーニュの試飲に出されたスイーツの解説をしてもらう。

05IMG_4056_R

スイーツは後に登場するパティシエ鎧塚俊彦氏の作。パティシエの憧れだという。
では、Nana.さんにインタビュー。

--私は美味しいとしか言いようがないのですが、スイーツの味とCOLLETとの相性はいかがですか

「そうですね、フロマージュがベースでしっとり柔らかいチーズケーキです。それにレモンの酸味がとてもほのかで、それがCOLLETの力強さをより強調してくれると思います。鎧塚さんがお好きなのでナッツを多く底に使ったということですが、香ばしくて食感もいいですよね」

--なるほど、こんなにしっかりと詰まったチーズケーキは初めて食べました。上にのっているフルーツも美味しいですね

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。