ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

堀江貴文被告、実刑確定へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
horie.jpg

 ライブドア事件で証券取引法違反の罪に問われた元ライブドア社長・堀江貴文被告について、最高裁判所が上告を棄却したことが2011年4月26日、明らかになった。実刑が確定し、堀江氏は収監される見通し。

 堀江氏は自身のtwitter上で、同日12時過ぎに「棄却された。。。」と、短いつぶやき。直後に「とりあえず異議申し立ては出しますが、たぶん一ヶ月くらいで入ります。大体2年4ヶ月かな。。。」と、つぶやいている。

 一、二審判決によると、堀江被告はライブドアの2004年9月期連結決算で、本来計上が認められていない自社株の売却益を売上高に含めるなど約53億円の粉飾をしたほか、関連会社の買収を発表した際に虚偽の内容を発表したとされ、証券取引法違反の罪に問われていた。堀江被告は無罪を主張したが、最高裁判所の田原睦夫裁判長は「上告を認める理由はない」として上告を退け、懲役2年6ヶ月の実刑が確定した。

(土井大輔)

【関連記事】
堀江貴文氏「メールマガジンこそ次世代の電子書籍の本命」
元マイクロソフト日本法人社長・成毛氏「東京電力は国有化されるべき」
堀江貴文氏「犠牲を乗り越えてリスクに立ち向かうのが人類」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。