体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジュラシック・ワールド: 戸田奈津子氏は誤訳をしたのか?(farsite / 圏外日誌)

エンタメ
ジュラシック・ワールド: 戸田奈津子氏は誤訳をしたのか?(farsite / 圏外日誌)

今回はGasolineさんのブログ『farsite / 圏外日誌』からご寄稿いただきました。

ジュラシック・ワールド: 戸田奈津子氏は誤訳をしたのか?(farsite / 圏外日誌)

なんだかもやもやしている。たいへん面白かった映画『ジュラシック・ワールド』で、字幕翻訳の戸田奈津子氏が「また誤訳をした!」というツイートが、何件かRTされてきた。言われているのはクライマックスの「歯が足りない」という字幕だ。

これ、誤訳なんだろうか? このシーンをきちんと考えると、むしろこれがベストの翻訳だと思えるのだ。Webでは戸田氏のつくられたイメージが強すぎて、誤訳でないものまで誤訳だと思われている節がある。ここ数年の彼女の翻訳は、かつてのものとは様変わりしているのに。

以下、シーンの詳細を描くので一部ネタバレです。

場面背景と誤訳の指摘

問題の箇所はクライマックスシーンにある。

ヒロインと子供たちが凶悪な新種の恐竜に追いつめられる。パークの建物に身を隠したところで、こう言う。

“We Need more teeth”*1

それを聴き、ヒロインは起死回生の策をひらめき、ある恐竜のケージへと向かう。

*1:imdbによる引用はこちら
「Jurassic World (2015)」 『imdb』
http://www.imdb.com/title/tt0369610/quotes?item=qt2516919

この “Need more teeth” に「歯が足りない。もっと歯を」との訳が乗ったことをして、いくつかのツイートでは誤訳であり、英語の意味は「戦力が必要だ」である、と語られている。

このセリフはたしかにダブルミーニングになっていると思う。そのほうが意味が通るように感じる部分もある。ところがきちんと場面を捉えてみると、この訳は「歯が足りない」が適切であることがわかってくる。あるツイート*2をいただき、自分も確信した。

*2:https://twitter.com/debabocho/status/630360347094839296
Gasoline@debabocho 2015年8月9日

場面の意図

まず、前提としてこの “need more teeth” に至るいくつかの伏線がある。

・ 物語前半、少年はモササウルスの歯の数を数えている。恐竜マニアの彼は、分類学の基礎である歯の本数による分類を知っている

・ この恐竜を開発した学者は、「さらに大きく、凶悪で、歯の数の多い最強の恐竜」と語っている

・ このシーンの前、研究室に置かれた画面で、少年は新種の恐竜の「完成した姿」を見て、この恐竜が正体不明の何かであることを見抜いている

そして、このセリフに至る直前、少年は実際この恐竜の歯を数えている。彼は土壇場でこの恐竜が何なのか、客観的に把握しようとしたのだ。

そこで彼は発見する。この恐竜は、設計図に比べ「本来あるべき歯の数が、足りていない」のだ。つまりここが恐竜の弱点だ(現に中盤、歯が抜ける描写もある)。もっと歯のある恐竜なら、勝てるかもしれない。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会