体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手に吸い付くアーク形状のAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』製品レビュー

手に吸い付くアーク形状のAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』製品レビュー

そろそろ夏モデルのウワサも出ているころですが、NTTドコモが3月に発売したソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』をお借りしたので、製品レビューをお届けします。『Xperia arc』の魅力はなんといっても、背面にアーク(円弧)フォルムのデザインを採用した独特な形状。実際に触ってみましょう。

背面を傾けて見るとアークフォルムが分かります

『Xperia arc SO-01C』は、国内では初めて最新のスマートフォン用OSであるAndroid 2.3を搭載したスマートフォン。背面にアーク(円弧)フォルムのデザインを採用し、最薄部は8.7mm。4.2インチ 480×854 のフルワイドVGAディスプレーを搭載します。「@docomo.ne.jp」のメールアドレスやキャリア決済が利用できる『spモード』には対応しますが、『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線には対応しないグローバルモデル。ソニー・エリクソンはブログで2.3以降へのOSバージョンアップを予定していると発表しており、最新のOSにキャッチアップしていくには今後も期待できる端末といえます。

・あれ? 薄い?

薄さはこれぐらい

手にしてまず思ったのが「意外と薄いし、軽い」ということ。同時期に“世界最薄”の『MEDIAS』をお借りしていたのですが、最薄部8.7mm、約118gというサイズと重量は、薄さと軽さを十分に感じさせるものでした。『MEDIAS』と比べて最薄部で約1mm厚く、重量で13g重いのですが、前モデルの『Xperia』と比べれば厚さで4.4mm薄くなり、重量で21g軽くなっています。

手になじむアークフォルム

薄さを感じるのは、やはり背面のアークフォルムのおかげ。奥行き方向の中央が最も薄くなっているため、円弧に沿って指が吸い付くようになじみ、厚みを感じさせません。特筆すべきは、この手になじむ感触。ずっと触っていたいという気持ちにさせてくれます。

上端から見ても厚みを感じさせません。手前がヘッドセット端子、奥がmicroHDMI端子

一番厚みのある上下の端を見ても、中央にかけて薄くなっているため厚い印象はありません。中央から縁にかけて薄くしていくことで全体を薄く見せるデザインはよく見かけますが、『Xperia arc』は“逆転の発想”で見た目の薄さを演出するだけでなく、手にしたときに実感できる薄さを実現していることが分かります。

・充実したインタフェース
本体のインタフェースが充実していることも特徴。上部にはmicroHDMI(type D)の端子を持ち、テレビに画面を出力できます。DLNAにも対応し、写真や音楽をワイヤレスで機器に転送することも可能。ヘッドセット用の端子は、3.5mmφの汎用的な端子。市販のヘッドセットやヘッドホンを組み合わせて利用できます。ヘッドセット端子とmicroUSB端子はカバーがないむきだしの状態。好みは分かれるでしょうが、カバーをつけ外ししてから端子を抜き差しするのは意外と面倒に感じるので、個人的には好感が持てます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。