体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】電子メモパッド『Boogie Board(ブギーボード)』読者レビュー

ガジェモニ『Boogie Board(ブギーボード)』レビュー

ガジェット通信の製品モニター募集【ガジェモニ】『Boogie Board(ブギーボード)』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は4人の方のレビューを採用させていただきました。

【ガジェ通モニター募集】電子メモパッド『ブギーボード』のレビューをしてくださる方募集
http://getnews.jp/archives/99442

今回はセンチュリー様から電子メモパッド『ブギーボード』をご提供いただきました。

●ハルパパさんのレビュー
・『ブギーボード』が到着
到着した『ブギーボード』の箱を見た時、まず「あれ、こんなに小さいの?」が第一印象でした。『ブギーボード』がA4サイズだと勝手にイメージしていたので、実際の『ブギーボード』はふたまわり以上小さく感じました(写真では、A4サイズのクリップボードと比較しています)。

ハルパパ

写真1:BoogieBoardとA4クリップボード

・どう使おうか
『ブギーボード』が届くまでは、どんな時にどんな風に使おうかなと、あれこれ考えあぐねていました。我が家(妻、子供2人)の近々の問題として“子供たちの春休みに何をするか、どこに行くか”を決める必要があったので、まずは思い思いのアイディアを描き出し合うディスカッションボードに使おうと考えていました……。

だが、あれこれ書くには少々小さい。さらに「このアイディアはいいね」ってものだけを残して、空いたところに新しいアイディアを書き加えていくということができない。そこで、家族会議の議題を“春休みのアクティビティ”から“『ブギーボード』をどう使う?”に変更し、それぞれにアイディアを出してみました。

・まず、使ってみる
実際にあれこれ使ってみないとアイディアは出ないので、各人いじってみました。使い方と言っても、説明書は英語/日本語それぞれでたった1枚。付属のスタイラスで描き、[Erase(消去)]ボタンを押すだけなので、5歳の次男も説明ゼロでいじりはじめました。力加減で細い線も太い線も自由に描けるので、もしかすると指を押しつければ指紋も写せるかな? と思いましたが、それは無理でした。爪なら問題なく描くことができます。

・アイディアその1  かげぐちボード
まずは、気分がムカムカした時に『ブギーボード』を使うという奥さんのアイディアです。机を並べている同僚に常日頃「ケッ」と思っていても、そう簡単に口に出せるものではないので、徐々にストレスがたまってきてしまいます。そんな時には『ブギーボード』に思いのたけを書き殴ってしまいます。もし不意に同僚が近づいてきても瞬時に消すことができますし、Undoもできないので、後になって問題にならない。職場のストレスを家に持ち込みたくないビジネスマンの方、いかがでしょうか?

(次男がインフルエンザ中のため、モデルさんはマスクをしています)

ハルパパ

写真2:コンニャローとなっている例

ハルパパ

写真3:「何描いてあったの?」と聞かれた瞬間の例

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会