体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オジサンは薄いのが好きなんです 最薄Androidスマートフォン『MEDIAS N-04C』製品レビュー

オジサンは薄いのが好きなんです 最薄Androidスマートフォン『MEDIAS N-04C』製品レビュー

まず「オジサンは薄いケータイが好き」と断言しておきます。女性は携帯電話やスマートフォンをカバンに入れて持ち歩きますよね。オジサンはスーツの内ポケットやシャツの胸ポケット、オフにはジーンズの尻ポケットに入れて持ち歩く人をよく見かけると思います。ガジェットは肌身離さず持っておきたいのが男性の習性なのかもしれません。ポケットに入れるには、ゴロゴロした厚みのあるケータイより、薄いケータイが好まれるのは道理。筆者もスマートフォンに乗り換えるまでは、薄型の携帯電話を愛用しておりました。ビジネスユーザー向けに薄型携帯電話をシリーズ化しているNTTドコモは、ついにスマートフォンでも“世界最薄”とうたうNECカシオモバイルコミュニケーションズの『MEDIAS N-04C』を3月に発売。製品をお借りして、その“薄さ”を体感してみました。

・薄さを際立たせたデザイン
『MEDIAS N-04C』は、4.0インチ、854×480ドットのフルワイドVGA液晶を搭載し、厚さ7.7mm、重量105gを実現した“世界最薄”のスマートフォン。「@docomo.ne.jp」のメールアドレスやキャリア決済が利用できる『spモード』に加えて『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信という携帯電話向け機能にも対応します。

側面 背面

その薄さは側面から見ても写真では分かりづらいのですが、背面から見ると画面側の側面がさらに薄くエッジ状になっていることが分かります。これにより、手に持ったときにエッジが引っかかり、さらに薄さを感じさせる効果が。手になじむというよりは、薄い板を持っている感触が引き立つ外装になっています。

上面はワンセグのアンテナ、カバー付きのminiUSB端子、電源ボタン

上面にはワンセグのアンテナ、カバー付きのminiUSB端子、電源ボタンを配置。

下面にストラップホール

下面にはストラップホールを配置しています。持っている様子から、薄さが感じられるのではないでしょうか。記事の終わりにガジェット通信サイトへのリンクを掲載していますので、すべての写真が表示されない場合はガジェット通信でご確認ください。

フラットなハードウェアキー

「メニュー」「ホーム」「戻る」のハードウェアキーも、本体の薄さを重視した構造。画面と同じ平面上でフラットに配置してあり、押し込むようにして操作します。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。