体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【資料】復興構想会議「第1回検討部会」の文書一覧

復興構想会議「第1回検討部会」資料より、指示系統

非公開でおこなわれている復興構想会議検討部会。20日の会議で使われた資料が公開されていますので、その一覧とざっくりとした要約を掲載します。詳しくはそれぞれの文書を読んでみてください。「復興構想会議」には、15人の委員で構成される「復興構想会議」そのものと、19人の有識者でテーマごとに議論する「検討部会」があります。今回のは4月20日におこなわれた「検討部会」第1回目の資料です。

非公開

●密室会議からの「提言」は傾聴の価値なし

「復興税」の話が報道では目立つ復興構想会議ですが、実際はどんな資料を使ってどんな議論がおこなわれているのでしょうか。日本のこれからを考える会議ということで、たいへん興味深いです。また、この会議の位置づけを決める法律もあとからつくられ、最終的には、実際の復興を担う「復興庁」もできるという話も出てきているようです。しかし疑問なのは、国の復興のためのグランドデザインや「復興税」などなど、たいへん重要に思える会議が密室でおこなわれているということ。議事録(当初発言者名は匿名とされるそうです)はつくられるとのことですが、できればネット生中継などを使ってわたしたち国民もライブで会議に立ち会いたいものです。それが無理でも、ビデオカメラによる録画をすぐに公開するなどのことは最低でもやっていただきたいです。非公開の閉じた会議で国の将来が決まっていくなど、あまりにおかしな話。本来であれば非公開が当たり前だと思う感覚の人は議論に加わるべきではないのでは。しかも増税も含む、復興財源についてもそこで語られているとのことです。国のプランづくりの方法として、果たしてこれは適切と言えるのでしょうか。復興構想会議から最終的に「提言」が出されるそうですが、そのようなプロセスで出された「提言」が、まかり通ってよいものでしょうか。

●復興構想会議「第1回検討部会」の文書一覧

第1回東日本大震災復興構想会議検討部会(平成23年4月20日)
議事次第
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shidai.pdf
配布資料

(資料1)「東日本大震災復興構想会議の開催について」(平成23年4月11日閣議決定)
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shiryou1.pdf
(資料2-1)東日本大震災復興構想会議名簿
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shiryou2-1.pdf
(資料2-2)東日本大震災復興構想会議検討部会名簿
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shiryou2-2.pdf

要約:名簿など。

(資料3)諮問書「東日本大震災による被災地域の復興に向けた指針策定のための復興構想について」
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shiryou3.pdf

要約:日本を再生させるために何が必要か自由に議論して欲しい。
※「諮問(しもん)」とは、有識者を集めた委員会に意見を求めること。

(資料4)第1回東日本大震災復興構想会議における議長提出資料
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/shiryou4.pdf

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。