ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パクチーマニア垂涎!狛江「サイゴン気まぐれ市場」&池袋「アジアン・タオ」プレミアムパクチーコース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

常時大盛&純度100%をキープする狛江「サイゴン気まぐれ市場」

香菜=シァンツァイ(中国語)、コリアンダー(英語)、ザウムイ(ベトナム語)、シラントロ(スペイン語)、コエントロ(ポルトガル語)、ダニヤー(ヒンディー語)。いろんな言い方があれど、やっぱりいちばんポップでキャッチーなのは、タイ語のこの響きではないでしょうか。

パクチー。
「パ」の破裂音がまずポップに弾け、次の「ク」がパの余韻をいったん抑止。そして「チー」が裏打ちリズムにおけるハイハット的な役割を果たす。

パクチーパクチーパクチーパクチー

ループさせればハウスミュージックのリズムに通じる快感が生まれてきます。
のっけからマニアックな視点になってしまいましたが、「パクチー専門店」という名称だからこそこれだけ流行っているのではないでしょうか。「ザウムイ専門店」「ダニヤー専門店」という名称だったらここまで持てはやされたかどうか。食べ物においても、言葉の響きって重要なんだなぁーとつくづく思ってしまいます。

あ、申し遅れました。以前「孤独のグルメめぐり」で紹介していただきました、ミュージシャンのDJ SASAと申します。実は「孤独の〜」と同様、熱狂的なパクチー教の信者でして、ヒマさえあればパクチーが美味い店や専門店を回っております。

自分がパクチーが好きだと認識したのは約20年前に入店した新橋の台湾料理屋。
当時としては珍しくメニューに「香菜おかわり可能」(今でいうところの追パクですね)の表記があり、その独特な風味の虜になってしまったのが最初でした。

そんな私の「パクチー好き」が「パクチー愛」へとランクアップしたのは2015年2月。現在住んでいる東京・狛江市にあるベトナム料理屋「サイゴン気まぐれ市場」でバンミー(フランスパンを使ったベトナム風サンドイッチ)を食してからです。


「サイゴン気まぐれ市場」のバンミー。はちきれんばかりのボリュームである

狛江の畑で栽培されている地ビールならぬ「地パクチー」はフレッシュで香りも素晴らしく、とたんに魅せられてしまいました。また感嘆すべきは、他のメニューでもその圧倒的な質量をキープしている点。

たとえばこのフォーなんかも、ジャングル状態のパクチーを分け入って、やっとフォー王国に辿り着くわけで、食べること自体が至高のグレイトアドベンチャー。店名は「気まぐれ」だけど、このクオリティをキープするには絶え間ない努力がないとムリっすよ、ホント。

昨今急増中の「パクチー好きが集う」と称されているお店にも行ってみましたが水菜を混ぜて緑色の水増しをしている「ビジネスパクチー」が存在していたりするんですよね。一方、このお店のパクチー度はほぼ100%。その純度は、まさに狛江の誇りといってもいいのかもしれません。

つい先日など、あまりにも地パクチーが素晴らしいのでお店の社長にお願いして畑の見学までさせてもらったくらい。

畑は3箇所にあり、いちばんの旬は春と秋とのこと。今から秋パクが楽しみです。

お店情報

サイゴン気まぐれ市場
住所:東京都狛江市和泉本町1-30-2
電話:03-3488-9288
営業時間:11:30〜22:00
定休日:月曜

サイゴン気まぐれ市場

 

パクチーだけじゃなく肉&炭水化物欲まで満たすお値打ちコース

そんなパクチー熱が止まらない日々を送ってる中、池袋に珍しいパクチーコースのあるお店があると聞いてやって来ました。

お店は池袋駅東口にあるベトナム料理屋「ベトナムビストロ Asian Tao(アジアンタオ)」です。

 

エントランスの看板にすでにこんな嬉しい言葉が。

店内は落ち着いたレストランバーといった雰囲気。

 

そして今回の目的がこれ。

プレミアムパクチーコース(1名3,500円、2名より受付可)です!

ではさっそく、いってみましょう。

まずはパクチー豆腐 唐辛子ソース。豆腐とパクチー、相性悪いはずがありません。

次はパクチーグリーンサラダ。見てのとおりパクチーたっぷり。

3皿目はベトナム風生春巻き&本日のお刺身生春巻き(この日はカツオ)。パクチーの姿はなぜか見当たらないものの、カツオの生春巻がなかなか面白い味!

そしてテーブルにはパクチー炭火焼きが登場。牛タン塩や豚トロ、さらには……

牛ハラミ、地鶏、海老塩ガーリックを炭火で焼いて……

サンチュ&パクチーに巻いて食べる!

食べまくる!肉バンザイ!!

 

そしてシメは、

パクチーのガーリックライス&牛肉のフォー。

当然、パクチー追加(無料)して山盛り状態に!

ラストは自家製スイーツまでいただいて終了。この内容で3,500円はかなりお値打ちなんじゃないでしょうか。パクチー欲とともに肉&炭水化物欲までもしっかり満たしてくれるコースといえるでしょう。

野菜ソムリエの資格を持つ店長にお話を伺ったところ、お店は10年前からパクチーを使った料理を出しており、当初は沖縄の宮古島から仕入れていたとのこと。今では関東周辺でもパクチーを仕入れることができるようになったそうです。それほどパクチー需要が増えてきているということでしょうか。どうやらしばらくはパクチーパトロールの日々は続きそうです。

 

お店情報

ベトナムビストロ Asian Tao(アジアンタオ)
住所:東京都豊島区東池袋1-2-6
電話:03-5979-0878
営業時間:ランチ12:00-16:30(L.O.16:00) 土日祝限定、ディナー17:00〜翌24:00(L.O.23:30)
定休日:無休、ただし元旦のみ休業

Asian Tao -アジアンタオ-

 

書いた人:DJ SASA

ミュージシャン、DJ歴25年。スカ、ロックステディ、レゲエ、カリプソ、ハワイアン、沖縄音楽など、アイランドミュージックのプレイを得意とする。2003年からCD企画制作を開始し、80枚以上のCDを企画・制作・監修。直近のリリース作品は 『DJ SASA presents泡盛大全集〜島気分〜』『金爆人(きんばくんちゅ)』など。2012年には沖縄県渡嘉敷村観光大使に任命されている。DJ SASA with THE ISLANDERS

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP