ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony MobileのSmartWatch 3はiPhoneでも利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear の iOS アプリの登場によって、iPhone でも Android Wear スマートウォッチを利用できるようになったものの、Google の発表では、現状の対応機種は LG Watch Urbane のみ。しかし、実際に他の Android Wear スマートウォッチで試してみると、SmartWathc 3、LG G Watch、LG G Watch R、Moto 360 でも利用できることが判明しました。現行の Android Wear スマートウォッチはどれも中身がほぼ共通しているので、潜在的には全機種対応していると思います。私も Sony Mobile の「SmartWatch 3 SRW50」で試してみたのですが、写真をご覧の通り、ペアリングすることは可能でした。通知を表示することも可能です。iPhone で Android Wear を利用した場合、Android スマートフォンのように機能をフルに利用することはできません。時刻の表示やウォッチフェイスの変更、通知の表示や様々な操作、Google Fit との連携、心拍数の計測といった基本的な機能は利用できる一方、通知モードの切り替え(スマートフォンのシステムが異なるので当然)やクラウド同期、連絡先の同期など、一部の機能は利用できません。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Skypeがv5.11でヘッドアップ通知や通知からの操作に対応
OPPO、9月8日にFCバルセロナと共同イベントを開催、OPPO R7のコラボモデルを発表か?
Xposedフレームワークがv72でAndroid Lollipopを正式サポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP