体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目は3Gモデル 最強のキーボードを搭載したAndroid端末『LifeTouch NOTE』製品レビュー

注目は3Gモデル 最強のキーボードを搭載したAndroid端末『LifeTouch NOTE』製品レビュー

NECが3月に発売した、7型タッチパネル液晶とフルキーボードを組み合わせたAndroid端末『LifeTouch NOTE』。3月に発売されたWi-Fiモデルに加えて、4月には『FOMAハイスピード』による3G接続に対応したモデルも登場する注目製品です。Androidスマートフォンの使い勝手とノートパソコン(PC)の入力のしやすさを両立し、両者の中間となる“スマートブック”と呼ばれるカテゴリーの同製品をお借りして、NECがこだわったキーボードの使い心地を試してみました。

・小型ノートPCを思わせる見た目
はじめに、この『LifeTouch NOTE』のコンセプトを整理しておきます。同製品はAndroidの特徴である長時間駆動、常時起動して持ち歩けること、タッチパネルインタフェース、アプリによるカスタマイズという要件に、使い慣れたノートPCのキー入力のしやすさを両立させる狙いで開発されました。外出先でメールやブログなどの文章を入力することが多いユーザーがターゲット。タブレット端末も大画面で使いやすいですが、タイピングと変換を繰り返す日本語の入力では、ハードウェアキーボードの方が確実に入力が可能。同製品では、スマートフォンとノートPCの中間という性格をバランスよく実現できています。

まるでノートPC

閉じた状態も開いた状態も、見た目は小型のノートPCそのもの。重量は約699gで、閉じた状態では片手で持ち歩けることから、『VAIO Pシリーズ』のような小型ノートPCと同様のサイズ感になっています。

両手持ちの操作イメージ

ディスプレーは7型のタッチパネル。文字入力をせずにAndroid端末として利用するなら、画面のタッチとキーボード右上の画面そばに用意された「メニュー」「ホーム」「戻る」の3ボタンで基本操作が可能です。欲を言えば画面側にも3ボタンがあったら……とは思いますが、机に置いて使う場合はキーボード側にボタンがあるのが正解で、両手持ちで使う場合にも画面とボタンの距離が近いので操作感に問題はありません。

・こだわりのキーボードは打鍵感にも満足

NECこだわりのキーボード

同社がこだわったキーボードを見てみましょう。キーボードはQWERTY配列の81キーで、16.8mmピッチ、キーストロークが1.6mm。ノートPC同様の打鍵感でタイピングできます。開発当初は『Mobile Gear』をクラウド時代に復活させる意気込みだったそうで、“ちゃんとキーボードが使える”モバイル端末を提供してきたNECのこだわりが十分に感じられる仕上がり。

「MENU」「検索」「ホーム」「戻る」キーは右上に固めて配置

Android特有の「MENU」「検索」「ホーム」「戻る」は、先ほども触れたように右上に固めて配置。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。