体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

逆ジョブズと退屈な人生(中村拓磨 × Takuma Nakamura)

逆ジョブズと退屈な人生(中村拓磨 × Takuma Nakamura)

今回は中村拓磨さんのブログ『中村拓磨 × Takuma Nakamura』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年7月4日に書かれたものです。

逆ジョブズと退屈な人生(中村拓磨 × Takuma Nakamura)

故スティーブ・ジョブズは言った。過去を振り返って点を繋げと。

ジョブズは学生時代、自分のキャリアと全く関係ないと思えたカリグラフィ(飾り文字)の授業に興味だけで飛び込んだ。それは後にMacのフォント形成に大きく貢献した。以下はこの経験をもとに言ったことだ。


「未来を見て点と点を繋げることはできない。できるのは過去を振り返って繋げることだけだ。だから一見ランダムな点も、将来なんらか意味があるものに繋がっていくと信じなければならない。信じるものは、自分の気合いだとか、運命、人生、カルマ…何だってあり得る。ランダムな点がこの先繋がっていくと信じることは自分の本能に従う自信をくれる。たとえそれが、よくある出世コースから外れる選択であってもだ。それが全ての違いを生む」(意訳、以下原文)

“Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something – your gut, destiny, life, karma, whatever, because believing the dots will connect down the road will give you the confidence to follow you heart even when it leads you off the well-worn path, and that will make all the difference.”

おもしろいと思ったものに後先考えず飛び込む。なんと楽しそうな人生なことか。ふと、僕の人生はこの真逆を行く実に退屈なものになっているんじゃないかと考えた。僕は以前にこのブログでも書いたことがあるが(アメリカの大学院へ行く*1)、子供の頃からNASAに行きたかった。NASAに行きたいからアメリカの大学院を目指した。アメリカの大学院へ行くために日本の大学に入ろうとした。そして大学へ行くために高校は進学校へ行った。僕が今ジョージア工科大学で博士課程をやっているのは、10年近く前に自分が打った点の一つに過ぎない。これが俗にいうレールの上を歩く人生というやつだろうか。

*1:「アメリカの大学院へ行く」 2013年6月22日 『中村拓磨 × Takuma Nakamura』
http://takumanakamura.net/?p=300

さて、こんなことを考えるきっかけになったのは先日受けたQualifying Examination(以下クオル)という博士適性試験だ。先日この試験に受かったので今回はコレの説明とその過程で考えたことを中心に書く。

アメリカの博士課程は大きく卒業まで3ステップだ。

・Qualifying Examination(適性試験)
・Proposal(博士論文の内容の提案)
・Defense(博士論文の最終審査)

クオルはその3ステップのうちの最初の1つということになる。この3ステップに加え、授業を大量に取る必要があるし(修士号を持っていなければ最初の2年は授業で大半の時間を奪われる)、ジャーナル論文を3本程度書く必要もある。クオルは大学・学部によってシステムが随分と違うので以下に書くのはジョージアテックの航空宇宙工学科についてだと思ってほしい。もっと一般的な話を聞きたい人は、米国大学院学生会*2の留学説明会に来てほしい。全国の大学で行う。僕は東北大学と大阪府立大学で登壇予定だ。事前登録はこちら*3。

*2:『米国大学院学生会』
http://gakuiryugaku.net/

*3:「2015年夏期 海外留学説明会 事前登録」 『米国大学院学生会』
https://docs.google.com/forms/d/115nkvoh-JDricyAk3SXv75ycU1KMfvrklEGe3CR6MtA/viewform?c=0&w=1

逆ジョブズと退屈な人生(中村拓磨 × Takuma Nakamura)

クオルでは自分の専門分野の教養、基礎的な知識が中心に問われる。受験できる回数が決まっていて、僕の学部だと2回不合格で博士課程から退学だ。その場合でも修士は取ろうと思えば取れる。クオルは入学から2年目に受けるのが一般的で、最初の1年はクオルで中心的に問われる授業を履修する。ただ、受けた授業の内容だけカバーすれば言い訳ではない。例えば制御工学の場合、現代制御論は大学院の授業でおおよそカバーされるが、古典制御論は学部の頃の教科書を引っ張って来て勉強する。

6分野(制御、設計、燃焼、流体、材料、構造)から2分野を選択する必要があり、僕は制御と設計を選択した。僕の場合研究に使うのはほぼ制御のみで、設計の分野が研究に関係することは今後もないだろう。とは言えど、そもそも自身の研究とクオルの勉強が全く関連していない学生とかもいるわけだ。そこは博士課程の教養を求めているということだろう。博士への適性が、研究と全く関係ない分野で判断されることに関しては学内でも賛否両論だ。僕はいいんじゃないかと思っている。あまりにも偏った人間ができなくて済むし。

クオルの合格率は低い。アメリカの大学は入学は楽だが卒業は難しい、と多くの人が思ってるだろう。(別に入学試験が簡単だったとは思っていないのだが。)博士課程の場合、卒業ができない理由は色々あるが一番の要因はクオルじゃないだろうか。少なくとも僕はそう思っている。クオルに受かるのは受験者全体の半分ほどと言われていて、1度で受かる人間はそれよりもさらに少ない。残りの半分の学生は不合格を2回もらい大学を去る。同じ研究室で働いていた学生も2人それでいなくなったし、日本人の友人も何人かこの夏に大学を去る事になった。僕の周りだけ見れば落ちて大学を去る人間の方が多いほどだ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。