ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「生ぬるい映画に用はありません」 ナレーションがフリーザ様っぽい『シッチェス映画祭2015』予告編[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ジャンル映画の祭典『シッチェス映画祭』上映作から、日本向けによりすぐった作品を劇場公開する『シッチェス映画祭 ファンタスティックセレクション2015』が10月24日よりスタートします。
毎年恒例となったこの特集上映、昨年の開催では本家の『シッチェス映画祭』でグランプリに輝いた『ボーグマン』や、清水崇監督が手掛ける『キョンシー』などが上映されておりました。

【関連記事】えっ 裸で何してんの? 『リング』『キューブ』と同じ賞に輝いた映画『ボーグマン』が奇妙すぎる
【関連記事】“霊幻道士”がダーク・ホラーに! 『キョンシー』制作・清水崇「自分が死んだことを想像して悲しく恐くなる映画」

このたび、今年上映の6作品すべてを網羅した予告編が解禁となりました。この予告編、ナレーションが大変聞き覚えのある美声なのですが、それもそのはず『ドラゴンボールZ』のフリーザ様や『アンパンマン』のバイキンマン役で知られる声優・中尾隆聖さんが務めておられます。


予告編が表示されない方はこちら

「生ぬるい映画に用はありません」と言い切っているだけあり、今年の上映作も大変パンチのある作品揃いでございます。
『グレムリン』シリーズや『ハウリング』のジョー・ダンテ監督がおくるゾンビ・ラブコメディ『ゾンビガール』や、『屋敷女』の監督コンビ、ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロの『恐怖ノ白魔人』、に狼男に変身してしまった警官を描くアクション・ホラー『ウルフ・コップ』など全6作品。あなたの気になる作品はどれかな? 予告編をチェックして、10月の開催を楽しみにお待ちください。

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」
2015年10月24日(土)~
 東京:ヒューマントラストシネマ渋谷
 大阪:シネ・リーブル梅田
 福岡:福岡中洲大洋
11月14日(土)~
 石川:金沢シネモンド

公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/[リンク]

ホラー映画・ホラーイベントなどのコワイエンタメ情報サイト『ホラー通信』 http://horror2.jp/[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP