ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステーキより旨い?!肉の美味しさを「これでもか!」と味わえる5000円の「プレミアムビフカツサンド」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「沼サン」や、コンビニのコーヒーブームに乗って開発されるコンビニサンド、スタバなどでも人気のサンドイッチに、「究極の肉サンド」が登場する。

この「究極の肉サンド」とは、ホテルニューオータニ大阪 開業30周年を記念して、1FのオールデイダイニングSATSUKIにて2015年9月1日より発売される「プレミアムビフカツサンド」(5000円・税金サービス料別)。

大阪の上方文化の中で支持されてきたビフカツサンドを、ホテルらしく素材を吟味し、最高の「プレミアムビフカツサンド」に作り上げた。

「プレミアムビフカツサンド」は、素材の牛肉を厳選にセレクト。冷めても脂が固まらず女性も食べやすいよう、佐賀産和牛など肉質軟らかな赤身に、サシが控えめに入ったフィレ肉を使用している。厚みは25mmにカットし、たっぷり150g使用した贅沢さだ。

ビフカツのパン粉と油にもこだわり、ホテル自家製の生パン粉と、さっぱりとキレが良い米油に、コクと香りを育む胡麻油をブレンドした揚げ油を使用している。

ビフカツをはさむ食パンは、溶岩窯で焼き上げ。柔らかくコシのあるパンは20mmの厚みでビフカツをサンド。ブランデー・マスタードと共に合わせたソースで、「プレミアムビフカツサンド」を完成させている。

さらに「プレミアムビフカツサンド」を美味しく召し上がるために、秘伝のダブルビーフコンソメスープを一緒に提供。肉尽くしで、グルメな人々を虜にすること間違いなしだ。

贅沢に肉たっぷりなサンドイッチが食べたくなったら、ホテルニューオータニ大阪の「プレミアムビフカツサンド」で肉の美味しさを心ゆくまで堪能しよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。