体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Netflix』加入後はとりあえずコレを観ておけ! 注目のオリジナルドラマ約100時間分を紹介

Netflix

てぇへんだ、てぇへんだ! 9月2日(水)、『Netflix(ネットフリックス)』がついに日本でサービスを開始したぞ! しかも今なら1か月間の無料体験キャンペーンを実施中だ!

日本では既に定着したSVOD(定額動画配信)サービスがいくつか存在しているが、『Netflix』が持つ最大の魅力と言えば、やはり豊富なオリジナルコンテンツの数々。さっそくアカウントを取得してみたものの、あまりにも作品が多すぎて何から観始めれば良いか分からないという人も多いだろう。

今回は『Netflix』オリジナル作品の中からドラマシリーズに絞り、筆者がいくつかのオススメ作品(いずれも最低1話は鑑賞済み)をピックアップしてみたので参考にしてみて欲しい!

『デアデビル』/シーズン1全13話が配信中

デアデビル

まずは何と言ってもマーベル原作の『デアデビル』。主人公は幼い頃に不慮の事故で視覚を失い、その代償に超人的感覚を手に入れたマット・マードック。無数の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチンを舞台に、昼は盲目の弁護士、夜はクライム・ハンター“デアデビル”として法では裁ききれない悪へと立ち向かう。

本作は『アベンジャーズ』のようにマーベル・シネマティック・ユニバースに属する作品。つまり、映画の『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』など他のマーベル・ヒーローたちと世界観を共有しているのだ。『Netflix』ではすでに、マーベル原作の『ジェシカ・ジョーンズ』、『アイアン・フィスト』、『ルーク・ケイジ』のドラマ制作を発表しており、それらのシリーズがひとつに集結してチームを結成する『ディフェンダーズ』へとつながっていく予定。新たなヒーローチームの誕生に乗り遅れないよう、まずは『デアデビル』をソッコーでチェックだ!

筆者は既に全話を鑑賞済みだが、なかなか赤いコスチュームに身を包んでくれないマードックくんには非常に焦らされたので、そこは我慢が必要かも。ヒーローでケンカが強いけど、時にはボッコボコにやられる人間臭さも魅力的だ。デアデビル誕生までの話が丁寧に描かれ、弁護士を主人公にしたクライムサスペンスとしてもワクワクできる作品なので、原作に触れておく必要は全くないぞ。

デアデビル予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=ZCCEM1LhjNc

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』/シーズン1~2全26話が配信中

オレンジ・イズ・ニューブラック

米国ではシーズン3まで配信されており、既にシーズン4の製作も決定しているエミー賞常連の人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』。主人公は婚約者と幸せに暮らす女性パイパー・チャップマン。彼女は昔付き合っていたレズビアンと麻薬密売に関わっていた事実がバレてしまい、懲役15か月の実刑判決を言い渡されてしまう。ニューヨークの裕福な家庭で育った彼女が普通の幸せから一転、女子刑務所の中で奇妙な日々を過ごしていく様子が描かれる。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。