体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボタンを押して気軽にクリエーターを支援できる“ソーシャル・パトロン・プラットフォーム”の『Grow!』がサービス開始

ボタンを押して気軽にクリエーターを支援できる“ソーシャル・パトロン・プラットフォーム”の『Grow!』がサービス開始

ブログの文章やイラスト、音楽、マンガ、ゲームなどの作品をウェブで公開しているクリエーターに、ユーザーが小額単位で任意のお金を払って支援できるサービス『Grow!』が4月12日に公開されました。

・ボタンを押して支援
『Grow!』は“ソーシャル・パトロン・プラットフォーム”というコンセプトのサービス。クリエーターは自身のウェブページに『Grow!』ボタンを設置して、ユーザーから支援を募ることができます。ユーザーは事前に100ポイントが1ドルの『Grow! ポイント』をPayPal決済で購入しておき、『Grow!』ボタンの1クリックで100ポイントを支払う仕組み。小額から気軽にクリエーターを支援することができます。ほかのユーザーに『Grow!』や『Twitter』経由でそのクリエーターを紹介したり、支持を表明する『POST』と呼ばれる機能もあります。

『Grow!』ボタンを設置している『CAMPFIRE』

『Grow!』ボタンを設置したサイトを訪れると、『Facebook』の『いいね!』ボタンのように、ボタンとその右に数字入りのフキダシが表示されています。数字はユーザーが『Grow!』ボタンを押した回数。そのサイトを公開するクリエーターがどれぐらい『Grow!』ユーザーに支持されているのかが分かります。

ログインした状態でフキダシをクリックすると、同じクリエーターを応援するほかのユーザーの情報を見ることができる

『Grow!』に登録後、ログインしたユーザーがフキダシをクリックするとウィンドウが表示され、『Grow!』ユーザーの行動が一覧可能。「Grow!」は『Grow!』ボタンが押された回数、「Posts」は『POST』された回数、「Clicks」は、『Grow!』で生成した短縮URLがクリックされた回数を示します。このウィンドウ内で『POST』を投稿できるほか、『Grow!』ボタンを押したユーザーのアイコンが一覧で表示され、同じクリエーターを応援するほかのユーザーの情報を見たり、『Grow!』上でフォローすることができます。

・独自のソーシャルグラフを持つのが特徴

ログインすると、フォローしたユーザーが『Grow!』した情報がタイムラインに表示される

“ソーシャル・パトロン・プラットフォーム”と名づけられているとおり、フォローする、フォローされるなど『Grow!』自体がSNSとしての機能を持っています。SNSでの友人関係のつながりである“ソーシャルグラフ”を『Grow!』上で独自に形成できることがポイント。

『Grow!』のサイトにログインすると、自分が『POST』した情報、自分が『Grow!』上でフォローしたユーザーの情報がタイムラインとして表示され、それぞれの情報に「Grow」「POST」「Clicks」の数を参照することができます。『Grow!』上のタイムラインは基本的に、ユーザーがオススメしたいコンテンツに関する情報が集約されるため、雑多な情報が流れる『Twitter』と比べて、より精査された情報を集められるのが特徴といえるでしょう。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会