体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

城が70メートル移動する“曳屋”って何? 動く弘前城を目撃してきた

政治・経済・社会
弘前城

100年ぶりに城が動く――。漫画や映画の宣伝文句のようだが、実話である。現存12天守のうちの1つ、弘前城が100年ぶりに動くのだ。動く城・弘前城は青森県弘前市、弘前駅からバスで15分ほどのところにある弘前公園内にそびえ立っている。弘前公園は日本一ともいわれる桜の名所で、ゴールデンウィークごろに行われる桜まつりには200万人ほどの来場者が訪れる観光名所だ。その弘前公園のシンボルともいえる弘前城が動くというのはどういうことなのだろうか? 実際に弘前市へ行って取材してきた。

下城橋

まず、弘前城とは一体どんな城なのか。弘前城は、弘前藩の初代藩主・津軽為信によって築城が計画され、二代藩主・信枚によって1611年に完成。当初は高岡城と呼ばれていたが、後に弘前城と改称し今では国の重要文化財、国の史跡にも指定されている。立派な石垣が築かれ、城の周りには大きな濠が、その周囲にはたくさんの桜が植えられている。春には濠が桜の花びらで埋め尽くされ、まるで桜のじゅうたんのような花筏(はないかだ)が見られるなど、見どころの多い城だ。歴史があり、観光名所でもある弘前城だが、なぜ動く必要があるのか。その答えは天守を守る石垣にあった。

弘前城外観 弘前城石垣02 弘前城石垣

弘前城の石垣は築城時から現存する部分もあるほか、江戸時代から増築した部分や、明治から大正時代にかけて約100年前に修理した部分といったように、いくつもの時代を経て現在の姿になっている。だが、この石垣部分が1983年の調査によって、崩壊の危険性をはらんでいることが発覚した。天守を巻き込んだ崩壊の恐れもあるため、石垣の修理を行うことが决定。しかし、石垣は天守の真下にも築かれているため、天守が現在の位置にあると修理ができない。

1 2 3 4次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会