ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、余ったデータ容量を翌月に繰り越せる「データくりこし」を9月より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 8 月 20 日、余ったパケット通信のデータ容量を翌月に繰り越せる「データくりこし」サービスを 9 月より開始すると発表しました。データくりこしは、対象の料金プラン・データ定額サービスと「データチャージに加入している場合に、当月余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスです。「データギフト」でもらったデータ容量も対象となっており、サービス対象となっているユーザーには自動的に適用されます。繰り越せるデータ容量は翌月までの期限なので、翌々月には繰り越せません。翌々月に繰り越せるのは翌月の月間データ容量の余った分となっています。データくりこしの対象プランは、データ定額 5 / 8 / 10 / 13、LTE フラット for tab / tab ds、LTE フラット for DATA (m) / DATA (m) ds で、VoLTE 対応スマートフォ向けの(V)プラン、LTE 対応ケータイ向けの(VK)プランも対象となっています。KDDI は「データくりこし」のほか、契約年数が 5 年以上のユーザーを対象に、3 ヶ月毎に月間データ通信量を増量する新サービス「長期優待データギフト」も提供開始します。長く使えばそれだけ毎月利用できるデータ通信量が増えていくことになります。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、リストバンド型活動量計「SmartBand 2 SWR12」を正式発表、心拍センサー追加、iPhoneにも対応
DMM Mobile、Huawei Ascend G620Sを9,400円も値下げ、12,800円+税で購入可能
Huawei、前後兼用の回転式カメラを備えた「Honor 7i」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP