ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Project Araの開発の遅れはモジュールを固定する部分の仕様変更によるものらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週、Project Ara のパイロットテストプログラムの開始が 2016 年に延期されたことが明らかになりましたが、その理由がハードウェア仕様の変更によるものとの見方が出てきています。Google は Project Ara の Twitter アカウントを通じて、Project Ara で永電磁石の採用をやめたことを明らかにしたのです。

No more electropermanent magnets. #ProjectAra #FailedTheDropTest

永電磁石は、Project Ara の各種モジュールをフレームの所定の位置に固定するための手段として試作機の段階で採用予定だと知らされていました。ツイートのハッシュタグ「FailedtTheDropTest」からは、モジュールがフレームに固定されない問題に直面したため、固定の手段を変更したのだと推測できます。モジュール着脱の仕組みは Project Ara にとって重要な要素になるので、この部分の仕様変更が開発の遅れに大きな影響を与えた模様です。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
英Cloveで「Moto X Play(XT1562)」が発売開始
Google AdSenseの公式Androidアプリがv3.0にバージョンアップ、アプリUIがMaterial Design化
中国ZukがCyanogenとの提携を発表、Zuk Z1グローバルモデルにCyanogenOSを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP