体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう真夏の防災対策? LEDライトとFMラジオを搭載した充電式扇風機『circ-001』

circ-001

いつまで続くかわからない計画停電、そして日々上昇する気温……真夏の停電と猛暑への不安を解消するという気の早いアイテムが登場しました。『Shop405』を運営する405は、高輝度LEDライトとFMラジオを搭載した“充電式”の多機能サーキュレーター『circ-001』を4月13日より発売します。

桜が咲きはじめるとともに、暖房による電力消費が低下しつつありますが、今度は冷房利用で電力不足が生じる真夏に計画停電が実施される可能性が持ちあがっています(決定ではありません)。そこで、エアコンや扇風機のない夏、そして防災の対策にもなるグッズがさっそく登場しております。

circ-001

『circ-001』は、フル充電で約12時間動作可能(バッテリー2個利用で弱運転時、強運転では約10時間)。もちろんコードレスですので、部屋の換気や風通しの改善に役立つサーキュレーターとして好きな場所に設置できます。また、LEDライトのみの利用であれば約15時間の連続点灯、FMラジオのみなら約24時間連続して利用可能。全機能を利用しても約6時間使えます。

電源がなくても使えるのでアウトドアでも活用できそうです。サイズはW34.5×H26×D11.5cm、重さ3kg、バッテリー充電時間約18時間(6V、4000mAh×2)、希望小売価格は9800円(税込み)。今後、こういった停電対策アイテムはさまざま登場しそうですが、電力消費を抑えることも併せて考えれば、日本古来のうちわや扇子や打ち水の習慣など「電気を使わず涼しく過ごす方法」を見直してもいいかもしれませんね。
 
 

■関連記事
業界初! 繰り返し充電できるリチウムポリマー電池内蔵『USB&ソーラー扇風機』
計画停電になったらムネに顔をうずめて昼寝しよう! 『うたた夢寝まくら』製品レビュー
東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由
計画停電が首都圏のITを揺さぶる……企業のサーバーたちが移動し始めた
計画停電に対する割引について

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会