ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一まずいラーメン屋『彦龍』の店主が死去との情報が拡散中 / 情報が錯綜

DATE:
  • ガジェット通信を≫
hikoryu2

日本一まずいラーメン屋『彦龍』の店主として有名な、原憲彦さん(68歳)が死去したとの情報がインターネット上で拡散しており、物議をかもしている。

・ハリウッドスター並みの人気ぶり
日本一まずいラーメン屋『彦龍』の店主といえば、ダウンタウンの人気番組『ごっつええ感じ』で全国規模の人気者となり、その後もビートたけしの人気番組『タケシムケン』や、和田アキ子の人気番組『アッコにおまかせ』に出演するなど、ハリウッドスター並みの人気ぶりをみせていた。

hikoryu7 hikoryu5 hikoryu4

・吐き気がする人もいた
店主は「ネタでまずいって言ってるけど本当はウマイんだよ」と言うものの、実際に食べると凄まじいまずさで、多くの人たちが「吐き気」や「気分の悪さ」をうったえる味だった。ラーメンのまずさを店主に指摘すると「どう頑張ってもその味になってしまう」と開き直り、閉店まで味は改善されなかった。

hikoryu3

・非常に不安な情報
そんな店主が亡くなったとの情報が大きな話題になっており、ウィキペディアにも「1947年3月21日 – 2015年8月15日」と記載されるなど、非常に不安な情報が広まっている。

twitter

・「悪質なデマ」の可能性アリ
店主と交流のある漫画家のピョコタン先生に確認を取ったところ、「悪質なデマ」とのこと。どうやら、店主は元気に生きているようだ。誰がデマを流したのか不明だが、悪質な行為なので絶対にやめよう。

https://youtu.be/Ad4BjsIrVPU

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/16/hikoryu/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。