ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超小型なのに全部入り!心電図・パルスオキシメーター・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵・携帯型マルチヘルスモニタ『チェックミー・プロS』開封の儀!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

超小型なのに全部入り!心電図・パルスオキシメーター・血圧計・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵・携帯型マルチヘルスモニタ登場!

健康意識の高まりの中、一般家庭にも普及し始めた「ヘルスモニタ」

最近では、歩数計や、腕時計型の活動量計など、様々な「ヘルスモニタ」が発売され、しのぎを削っています。

さて、数有る「ヘルスモニタ」ですが、歩数計や活動量計、血圧計など、それぞれの機能ごとに、おのおの「ヘルスモニタ」を持ち歩く必要が有り、「複数のヘルスモニタを一つにまとめて身軽に持ち歩きた~い!」という夢を叶える事の出来る商品は、今までなかなか存在しませんでした。

そんな、「複数のヘルスモニタを一つにまとめて身軽に持ち歩きた~い!」というユーザーの「困った」を、今回くみ取ったのが・・・。

斬新な医療機器を次々と発表し続けている、『三栄メディシス株式会社』様です。

『三栄メディシス株式会社』様は、既に、【iPad / iPhone完全対応 ワイヤレス解析機能付心電計 smart ECG】を販売しております。
三栄メディシス株式会社/ワイヤレス解析機能付心電計 smart ECG
http://ecg-labo.com/

『三栄メディシス株式会社』様は、この度、超小型なのに全部入り!心電図・パルスオキシメーター・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵・携帯型マルチヘルスモニタを販売開始致しました。

それが、『チェックミー・プロS』です。

取り急ぎ、ご紹介致します!

心電図・パルスオキシメーター・血圧計・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵!全部入り・携帯型マルチヘルスモニタ『チェックミー・プロS』とは?

株式会社 ECGラボ/ヘルスモニタ チェックミー
http://checkme.jp/

『チェックミー・プロS』は、超小型なのに全部入り!心電図・パルスオキシメーター・血圧計・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵・携帯型マルチヘルスモニタです。

名刺サイズよりも小さい88mm✕56mmのサイズに、すべてが入ったオールインワンの医療機器、それが『チェックミー・プロS』です。

毎日20秒、心電図+パルスオキシメーター+血圧計の測定を行う事で、健康チェック(デイリーチェック)を行う事が可能です。

デイリーチェックの測定結果は分かりやすく、グラフ表示が可能です。

デイリーチェックのデータは、スマホでも管理可能です。

約2秒、本体をこめかみにあてるだけで体温測定ができます。小さい子どもさんには有りがたい機能です。

歩数計だけでなく、睡眠時無呼吸症候群をチェック出来る、「睡眠モニター」も内蔵しています。(「睡眠モニター」機能は、『チェックミー・プロS』のみ)

勿論、心電図などの測定の時間や、服薬の時間などを知らせてくれるアラーム機能があります。
アラーム機能が付いている、という事は、当然の事ながら、カレンダー・時計機能も付いています。これは便利ですね!

ネックストラップで首から下げられるので、持ち歩きもカンタン。色も6色から選べます。

コーラルレッド/レモンイエロー/アクアグリーン/ホライズンブルー/キューピッピンク/フロスティグレー

仕様は以下の通りです。

品名Checkme Pro S / Checkme Pro A
医療機器認証番号227AABZX00038000
管理医療機器特定保守管理医療機器
ディスプレイ2.7インチタッチスクリーン
電撃に対する保護の形式による分類クラスⅡ機器
電撃に対する保護の程度による装着部の分類BF形
電源充電式リチウムイオンバッテリー AC100-240V 50/60Hz 2Wh
充電時間2時間以内で90%
使用環境温度 湿度 気圧+5~+45℃ 10~95% 700~1060hPa
保存環境温度 湿度 気圧-25~70℃ 10~95% 700~1060hPa
保護構造形式IP22(防滴保護形)
耐落下性能1.0m
外形寸法(幅)88mm × (高さ)56mm × (厚さ)13mm
本体質量約68g

さて、この度、(いろいろあって)急に健康管理に目覚めた筆者が、『チェックミー・プロS』を自分用に、自腹で購入しましたので、早速試用レポートを行いたいと思います!

超小型なのに全部入り!携帯型マルチヘルスモニタ『チェックミー・プロS』開封の儀!

さあ、開封の儀です。ドーパミン出まくり。

箱の裏には製品名や型番が記載されていました。

さあ、どんどん開封していきましょう。

本体です。

箱の中には、付属品が一通り入っていました。

USBケーブルで本体を充電します。

充電が完了したら、電源ボタンを押して、初期設定を開始します。

様々なヘルスチェックを行う事が可能です。

ヘルスチェックの方法は、イラストと音声で案内されるので、誰でもカンタンに使う事が可能です。

こりゃあ便利だ!

こんなに小さいのに高機能な『チェックミー』について『株式会社 ECGラボ』様に、気になるアノ事についても色々聞いてみた!

こんなに小さいのに色々なヘルスチェックが出来る『チェックミー・プロS』。小型軽量、かつ多機能なのに感銘して、思わず『三栄メディシス株式会社』様に問い合わせをしちゃいました。

「教えて『三栄メディシス株式会社』様!『チェックミー・プロS』は、現在、ヘルスモニタのデータ取り込みは、スマホのみ対応の様ですが、今後、パソコンでデータを扱う事は可能になりますか?今後の商品の展望についても教えて下さい!」

・・・早速、「三栄メディシス株式会社」様からご回答を頂きました。以下その要約となります。

『チェックミー』のパソコン対応については、『チェックミー』のデータを、病院で使われる電子カルテとの連携出来る様にするwindows対応のソフトウェアを現在作成中です。

Bluetoothを使わず、直接USB接続でデータ出力する事が可能となります。

数ヶ月以内に無料リリースをする予定です。
更に、クラウドシステム上に『チェックミー』のデータを保存する事が可能とします。

その心電データは弊社に解析センターを設置し、緊急を要する場合はメールや電話をかけ、病院への誘導が出来るシステムを構築しようと考えています。

利用者様が病院へ出向かれた際、専用のカード(アドレス、IDが書き込まれたもの)を診察の先生に渡されたら、インターネット経由で過去の心電波形などの情報を閲覧出来るようにしたいと思います。(お医者様ならその波形を理解し、診察に役立てることが出来るからです。)

お医者様が、専用ソフトを買わなくても、その場で、どちらのお医者様でも診断出来る様に、いわゆるご利用者様専用の電子カルテを提供したいと考えています。当然費用は無料にしたいですね。

「す・・・凄い・・・。」

勿論、『チェックミー』は、医療機関様用の、「病院モード」に設定する事が出来ます。

1台で24名分のデータが記憶可能です。
看護師様が計測するのはもちろん、将来は患者様が毎日自分で記録出来る様になるならば、兆大なデータを集めることができ、看護師様の回診時間も大幅に削減する事が出来る上、診療品質の向上に大いに役立ちます。

将来的には、自動的に集まったデータをクラウドシステムが自動診断して、時系列で監視を行い、「異常」と判断をしたら、看護師長、担当のドクターに緊急連絡のメール送信が出来るシステムに出来れば、と思っています。
すべて弊社では実現できるレベルなので、問題点はありません。

近日中にブログに将来の展望を書こうと考えています。

との事でした!
『三栄メディシス株式会社』様、ご回答ありがとうございました!


「超小型なのに全部入り!心電図・パルスオキシメーター・血圧計・睡眠モニター・体温計・歩数計・アラーム時計内蔵・携帯型マルチヘルスモニタ『チェックミー・プロS』。
その実体は、クラウド技術を駆使して、健康管理のトータルアシストを目論んでいる、超最先端の『ヘルスチェックガジェット』でした。」

※『チェックミー・プロS』の記事の執筆に当たっては、『三栄メディシス株式会社』様に執筆の連絡を行い、ご承諾を頂いております。
※イラスト:イラストダウンロード/無料イラストなら「イラストAC」 http://www.ac-illust.com/
※イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/(筆者自筆)
※フォト:フリー写真素材【写真AC】http://www.photo-ac.com/
※イラスト:ビジネスアイコン 無料素材 http://business-icon.com/
※撮影:FURU

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP