ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカ村にあるオムライスの聖地に行ってみた @『北極星 心斎橋本店』大阪

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大阪と言えば”お好み焼き”などの粉モノをイメージしますが、実は洋食屋さんの多い地域でもあり、特に難波周辺には美味しい名店が揃っているので、粉モノばかりを食べていては勿体ないと思います。

と、言う訳で今回は”オムライス発祥の店”のひとつとして名高い『北極星 心斎橋本店』(以下 北極星)を紹介してみましょう。

アメリカ村にある老舗『北極星』

昭和25年に作られた料亭のような造りの古風な建物は、若者の街アメリカ村では珍しい和風の建物です。

時代と共に移り変わる街並みの中心にありながらも、その姿を変えない『北極星』の建物と同様、今も昔と変わらぬオムライスを提供している名店です。

その『北極星』のオムライスは1922年に作られ、今の”卵で御飯を包むオムライス”の形を定着させたと言われています。

『北極星』で”元祖オムライス”を食す!

と、言う訳で洋食大好きな筆者としても、やはり難波に来たなら『北極星』のオムライスは外せません。

今回はお得なランチメニューの中から、ハンバーグとのセットを選びました。人気のオムライスにハンバーグが付いて”920円”と大変お得になっているので、本店に来たならランチメニューがベストです。

オムライスの中身は数種類の中から選べるのですが、今回は”チキンライス”をチョイス。やはり基本はハムライスかチキンライスなのですが、前回はハムライスで食べたので、今回はチキンライスにしてみました。

そして筆者の元にオムライスが運ばれて来ます。

まさにオムライスの手本となる美しいビジュアルに、筆者も感心してしまいました。

『北極星』の特製ソース

ケチャップをベースに作られた特製のソースは甘く、普通のケチャップやデミソースで頂くオムライスとは、一味違った『北極星』ならではの味です。

ケチャップをベースに作られていますが、かなり甘目な仕上がりなので、一口目は驚くかもしれませんが、食べ進むとこの甘さと卵の相性の良さに気が付きます。

チキンライスも比較的薄味に作られているので、卵の美味しさを全面に押し出したオムライスと言った感じですね。

この特製ソースを絡めて食べて、初めて『北極星』のオムライスの味になります。

ハンバーグも美味しい『北極星』

そして写真のハンバーグの味もバッチリです。今はオムライスが有名ですが洋食屋さんとしての実力を、このハンバーグに見る事が出来ます。

ちなみにハンバーグも美味しいのですが、やはりポイントは”デミグラスソース”にあると思います。

この『北極星』のデミグラスソースを絡めて食べるオムライスもまた絶品ですので、やはり本店に来た時はランチのハンバーグセットをオーダーして、デミグラスソースで二度味わうのがベストです。

『北極星』 総評

その立派過ぎる店構えからチョットびびってしまいがちですが、何気に値段は庶民的なので安心して下さい。

店内も今は珍しい”お座敷”ですが、そこが逆に初期の洋食屋さんを彷彿させます。

そんな雰囲気の中で食べる”元祖オムライス”の味は格別で、特にケチャップベースの特製ソースはハマる味付けですね。

と、言う訳でアメリカ村に来たら『北極星』のオムライスは必食とも言えます。オムライス好きなら絶対に食べておくべき一品でしょう。

元祖であるなしに関わらず、この『北極星』のオムライスは現在のオムライスの形のベーシックであり、基本のオムライスとしての美味さは疑う余地がありません。

それでは、みなさんも是非『北極星』のオムライスを食べてみて下さい。きっと満足出来る一品だと思いますよ。

『北極星』

大阪府大阪市中央区西心斎橋2-7-27
営業時間 11:30~21:30
年末年始

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP