体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

車の「サンキューハザード」は推奨されてない?「ハザードランプ」の意外な落とし穴

190141

これがホントの「ありがとうランプ」!?ボタン一つで、まわりの車に幸せを与える面白ガジェット登場!

いまや、自動車は、現代人には欠かせない「生活の足」。
筆者も、毎日通勤用に、自動車を使っています。

さて、車を運転するにあたり、一番困るのが、運転中に車線を代わる時の、「後続車両へのあいさつ」の事。

キャプチャ

車線割り込みをした時などは、「ハザードランプ」を点灯させる事により、「サンキューハザード(ありがとうランプ)」として、後続車両に謝意を表す事が慣例となっていますが、ハザードランプは、「非常点滅表示灯」なので、緊急で路上駐車する時に点灯させるのが、本来の機能・・・のはずです。

「もっと明確に、わかりやすく、後続車両に『ありがとう』を伝える事は出来ないだろうか・・・?」
そんな状況が多々あります。

そんなドライバーの「困った」に対応した、最新鋭の運転時ありがとう伝達システム『MotorMood: A better way to say thanks on the road』を、前回の記事で紹介致しました。

これがホントの『ありがとうランプ』!?最新鋭の運転時ありがとう伝達システム『MotorMood: A better way to say thanks on the road』
http://getnews.jp/archives/1070787

キャプチャ bebbf4d7bd1b56b18b64b9326fd11ed1_original

操作方法は実にカンタン。リモートボタンをクリックすると・・・。

キャプチャ

『MotorMood』の「顔」が、後続車両に、優しく微笑んでくれます。

キャプチャ 88503716b92291471d78d90c13650e4b_original

おかげ様で、本記事は、大変な反響を頂きました。

『ハザードランプは、「非常点滅表示灯」なので、緊急で路上駐車する時に点灯させるのが、本来の機能』という認識は間違い?読者様より厳しいご指摘アリ!

・・・しかしながら、その後、読者の方から、厳しいご指摘メールを頂きました。

b1-500x619

「・・・えっ?」

お名前: 匿名
——————————————————–
メッセージ: ハザードの記事見ましたが
お礼はハザードの本来の使用方法ではない
というのは間違いです

自車校で使用している全国共通の教科書にハザードの使用方法として書いてあります
他には片側通行停止中のはざなどもです。
お礼のクラクションはしてはいけないとも書いてあります
何も知りもしないで記事を書かないでください
(原文ママ)
——————————————————–

341

「えーっ・・・うっそー?!」

・・・大変です。もしかしたら、前回の記事で大誤報を書いてしまったのかもしれません。記事の内容が過ちであるならば、すぐに正さなければいけません。

そこで早速、前回の記事の再検証を、大至急行う事に致しました。

『サンキューハザード(ありがとうランプ)』について、【一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)】様に聞いてみました!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。