ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“危険な書き込みチェッカー”が就活生必携ツールになる日

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
polar_bear_blog

今回はアキヒトさんのブログ『POLAR BEAR BLOG』からご寄稿いただきました。

“危険な書き込みチェッカー”が就活生必携ツールになる日
日本でも昔から「“mixi”への書き込みが問題になって内定取り消し!」なんて事件が起きていましたが、実名主義を貫く『Facebook』ではそんな事件が日常茶飯事(というのは大げさですが)になっていて、就職生があわてて過去の書き込みを削除するなんてことがあるわけですね。

しかし自分で気がついて削除できるぐらいなら、この問題がそれほど大騒ぎされるはずがありません。何がどの程度問題になるか分かっていない、あるいは過去に何を書いたか忘れてしまったという状態があるからこそ、「なんで見つかる前に消しておかなかったんだ?」というような事態が後を絶たないのでしょう。

実際に最近の就職セミナーなどではこの辺りの注意喚起も行われているようですが、米国ではより直接的に、SNS上の危険な書き込みを自動でチェックしてくれるアプリケーションが登場しているそうです。

「Just How Offensive Is Your Facebook Profile?」2011年02月18日『Mashable』
http://mashable.com/2011/02/18/socioclean/

『Socioclean』* というアプリがそれで、現時点で対象になっているSNSは『Facebook』のみ(他のサービス向けにも開発予定とのこと)。アプリに自分のIDと、IDにアクセスする許可を与えると、過去のデータを洗って危ない部分(ドラッグやアルコール、人種など約5000語のキーワードにヒットしたもの)をリスト化し、さらに総合評価までしてくれるのだとか。しかもリストは当該個所へのリンクが付いているので、簡単に削除が行える。今すぐ日本語版も欲しい! できれば『mixi』版も! と感じている就活生は少なくないのではないでしょうか(笑)。

*:『Socioclean』公式サイト
http://www.socioclean.com/

で、僕も自分の『Facebook』アカウントで無理やり実行してみました。日本語は解析しないので当然なのですが、総合評価は“B”とのこと。

就活生必携ツール

こちらは“危険”と評価された書き込み。以前サラ・ペイリンの問題発言を報じた英語記事をブックマークしたことがあり、どうやらそのタイトルが“攻撃的”と見なされたようです。

就活生必携ツール

この種のアプリ、就活生だけでなく、転職活動中や婚活中の人などにも人気が出るかもしれません。また『Facebook』に引きずられる形で、日本でも実名入力が普及するようになれば、さらに重要度が高まることでしょう。なんとなくメディア業界の“自主規制”や、言葉狩りのようで気持ち悪いと感じるかもしれませんが……これも時代、ということでしょうか。

執筆: この記事はアキヒトさんのブログ『POLAR BEAR BLOG』からからご寄稿いただきました。

■関連記事
北京にある日本料理店のメニューの日本語訳がひどすぎる件について
報酬10万円「ホリエモンの一日秘書」体験記
呼び出しの作法について
漫画家・佐藤秀峰日記「不調……」
なぜ電通の社長は“これまで”新聞局出身だったのか

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。