体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

究極のご当地アイス!? 富山のあの名産がアイスになっていた!!

IMG_0010_R

北陸新幹線開業

2015年3月14日、北陸新幹線が開業しました。
これにより東京~富山間が最速2時間8分で結ぶことができ、この開業に合わせ富山駅も新しくなったということで県外やら海外の観光客やらで大変賑わっているようです。富山県民としては嬉しい限りですね。

今回の取材はこの真新しい富山駅……と言いたいところですが、筆者は人の多いところが得意ではないので、皆様が新富山駅に夢中になっている隙をついてやってきました。

IMG_0021_R

皆様完全にノーマークの『富山きときと空港』へ。
ええ、皆様が抱かれた疑問、わかります。

『きときと』とはなんぞや?

きときと

「きときと」とは富山の方言でありまして、「活き活きとした」、「生き生きとした」というニュアンスです。使い方としては「この魚、きときとやのぅ!」とか、「アンちゃん、きっときとの顔しとるがいね!」とかそんな感じですかね。

ただ、この『きときと』に関しては微妙に問題がありまして、それは何かと言うと、富山の若い人はほぼ使わない表現なんです。『きときと』という単語は店名に使われることも多いので知名度はバツグンなのですが、少なくとも富山市内では年配の方からもあまり聞かれない方言なのです。もしかしたら富山市外では使う地域があるのかもしれませんが。

なので、もし好きな女の子が富山出身だったりしたときに、なんとかしてお近づきになりたいと無理に富山弁を駆使しようとして、「A美さんの瞳って、きっときとで魅力的やちゃ!」とか言おうものなら、痛い子を見るような目で見られるので注意が必要です。

ちょっと話が逸れましたが、つまり『富山きときと空港』と言われても、県民としては正直ちょっと微妙な印象かもしれません。

しかし、名前はともかくとして、中身はイケてます!
空の旅だけでなく、各種お食事、特産物販売、展望台など、デートスポットとしてもバッチリ利用できちゃうんです!

IMG_0029_R

今回はタイミングが悪く、飛行機は見れませんでした。

ということで今回の目的である、充実していると評判の売店へと足を運びます。
富山の有名な特産物には『鰤(ブリ)』『白エビ』『ホタルイカ』『鱒(マス)の寿司』『昆布締め』あたりを筆頭に、他にも様々なものがありますが、今回筆者が目をつけたものはこれ!

鱒の寿司……。

IMG_0034_R P2170070_R

ではなく、こちら!!

img1438780148349

チョコますアイス』。

『酢めし入り』の表記がやたら異彩を放っています。

IMG_0146_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。