ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ペニンシュラマニラでアフタヌーンティーを優雅に楽しむ。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ペニンシュラでアフタヌーンティーといえば、ザ・ペニンシュラ香港のそれがとても有名ですが、今回、フィリピン・マニラにあるザ・ペニンシュラマニラでアフタヌーンティーを楽しんできました。(写真は、「ザ・ロビー」)

ザ・ペニンシュラマニラは、メトロ・マニラと呼ばれるマニラ首都圏のマカティ市にある五つ星ラグジュアリーホテル。すぐ近くにはシャングリラホテルがそびえ、「Greenbelt(グリーンベルト)」「Glorietta(グロリエッタ)」などの大規模ショッピングモールも歩いてすぐという立地。

私は今回が初のマニラだったのですが、何となく「マニラは日本人のおじさん達が行くところ」「大人が夜遊ぶ街」というイメージがあり、渡航前の期待値はあまり高くありませんでした。ところが、いざホテルに着いてみると、窓から見える景色は高層ビルの立ち並ぶ大都会で、ザ・ロビーには世界中から来ていると思われるスーツ姿のビジネスマンが座っていて、驚きました。

1976年創業という、私と同じ年のザ・ペニンシュラマニラは、ホテルの建物自体には古さを感じますが、格式高く、洗練された雰囲気が漂っています。
豪華絢爛というのではなく、どっしりとした落ち着きと高級感。

ロビーの弧を描く大理石の階段は、女の子ならお姫様気分になれそうです。

ロビーの天井を飾るのは、フィリピンを代表するアーティスト、ナポレオン・アブィバ氏(Napoleon Abueva)の彫刻、「太陽(Sunburst)」。広々とした空間に、印象的な雰囲気をもたらしています。

そんな高級感あふれるザ・ロビーでは、毎日14:30-17:30の午後の3時間、アフタヌーンティーを楽しむことができます。

”ホテルの象徴、ザ・ロビーでご提供しているアフタヌーンティーは、ホテルオープン以来、地元のお客様のみならず、旅行で訪れたお客様にも大変ご好評をいただいております。 メニューは季節ごとに変わり、温かいバターを添えたクランペットのジャムとハチミツ添え、スコーンのクロテッドクリームとジャム添え、ティーサンドイッチ、ホームメイドのケーキとペストリーなどのセレクションをご用意しております。 クラシックなフルートとギターのデュオが奏でるライブ音楽を聴きながら、幅広く取り揃えたお茶やハーブティーをお楽しみください。”

 (ザ・ペニンシュラマニラ公式サイトより引用)

アフターヌーンティーセット(3段重ねのお菓子と軽食の盛り合わせ+ポットの紅茶)の料金は、1セットにつき990 フィリピンペソ。2015年7月現在のレートで、1ペソ=2.7円とすると、約2,700円でした。(※サービス料と現行の各種税金を含まない価格です。)
私たちは大人2人+子ども2人の計4人で、セットを2つ頼み、シェアしました。(紅茶はポットでたっぷり提供されるので、子どもの分のカップだけ追加でいただきました。)

写真を見てわかるとおり、プレートやポット、カップはミントン尽くし! ティーストレーナーやカトラリーは銀器で、とても贅沢な雰囲気。
ホールの階段上から流れてくる管楽器のクラシック演奏を聴きながら、ザ・ペニンシュラ オリジナル クロテッドクリームとジャム添えたスコーン、スモークサーモンのベーグルサンド、エッグサンドクロワッサン、ベリーのムーズ、タルト、プチケーキなどを食べ、紅茶をいただきました。
もう本当にうっとりするような気持ちで、「このホテルに来て良かった!」と実感。アフタヌーンティーの価格は、何もお菓子と紅茶だけの値段というのではなく、こうした優雅な空間に身を置き、丁重に扱われ、雰囲気を楽しむことも含めた価格なのだろうなと思いました。

(ロビーで働くスタッフさんは皆キビキビとしており、流暢な英語を話し、ホスピタリティに溢れていました。)

ペニンシュラのアフタヌーンティーは、写真のアフタヌーンティーセットのほかに、好きなだけ紅茶とお菓子を楽しめるブッフェスタイルを選ぶこともできます。アフタヌーンティーブッフェの料金は大人1名1,350 フィリピンペソ、子ども1名800 フィリピンペソ。(サービス料と現行の各種税金は別。)
アフタヌーンティーの時間帯の最初から最後まで、ゆーっくり過ごしたいと思うのなら、ブッフェもいいですね。

マニラへお出かけの際は、お時間があれば、ザ・ペニンシュラマニラの優雅なアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょうか。価格以上の贅沢感に浸れること請け合いです。

また、マニラより値段が高くなりますが、ペニンシュラ東京でもアフタヌーンティーを提供しているとのことです。
(ペニンシュラ東京のザ・ペニンシュラ クラシックアフタヌーンティーセットの価格は、税込3,900円。別途15%のサービス料が加算されるとのこと。)

[information]
■ ザ・ペニンシュラマニラ THE PENINSULA MANILA
Corner of Ayala and Makati Avenues, 1226 Makati City, Metro Manila, Republic of the Philippines
web: http://manila.peninsula.com/ja/default

※当記事中の写真はすべて著者撮影のものです。

※当記事は取材当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ayan) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP