体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「被災地へ届け!」クレモンティーヌ・アジカン後藤・菅野よう子・スキマスイッチらが“復興を願う歌”を配信

「被災地へ届け!」クレモンティーヌ・アジカン後藤・菅野よう子・スキマスイッチらが“復興を願う歌”を配信

震災をうけ、さまざまなアーティストが、曲を公開しています。アーティストたちの深い想いが伝わってくる、いくつかの曲を紹介させていただきます。

・上を向いて歩こう / クレモンティーヌ『YouTube』
http://www.youtube.com/watch?v=gMewdt6JRos
フランスの女性歌手クレモンティーヌ(Clémentine)。CMなどで声を耳にしたことがある人も多いかもしれません。震災の知らせを聞いて、深く心を痛めた彼女から届いたのは「上を向いて歩こう」フランス語ですが『YouTube』に訳が掲載されています。彼女の優しい声が心に染みてきます。

・ふるさと / 向井秀徳(ZAZENBOYS)『YouTube』
http://www.youtube.com/watch?v=Md8sf_lyNy4

向井秀徳

ZAZENBOYSの向井秀徳さんは、地震5日後にホームページで「今日の一曲」とだけ記して曲をアップしました。曲は文部省唱歌でありだれもが知っている『ふるさと』。歌詞はそのままにオリジナルのフレーズをつけて歌っています。 小学校の頃にあたりまえのように歌っていた曲に、復興への願いがシンクロします。

・津波てんでんこ / ほぼ日P(anemomania)『ニコニコ動画』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13864308

津波てんでんこ / ほぼ日P

『ニコニコ動画』の有名投稿者であるほぼ日P *1 も曲を投稿。あまりにも切ない歌詞。ニコニコ大百科に掲載されているタイトルの意味 *2 を見ると、曲がより深く心にささってきます。
*1:主に初音ミクでボーカロイド曲を作る投稿者かなりのハイペース(ほぼ日刊)で新曲を発表することからほぼ日Pと呼ばれている。投稿者名anemomania。
*2:津波てんでんこ『ニコニコ大百科』
http://dic.nicovideo.jp/a/津波てんでんこ

・砂の上 / 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)『ASIAN KUNG-FU GENERATION』オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/special/sunanoue/

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)の後藤正文さんもオフィシャルサイトで曲を公開。
*   *   *   *   *
僕たちはいつだって「砂の上」のような、とても不確かな場所に居るのだと思います。それでも、今、鳴らさなければと思います。僕自身、今歌わなかったら、ミュージシャンである意味がなくなってしまう。どうか皆さんのささやかな想いや願いや祈りや愛がそこかしこで鳴って、明るい未来への第一歩になりますように。
*   *   *   *   *
「砂の上」に添えられた後藤正文さんのメッセージより抜粋

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。