体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Twitter』のデマ発信源はつきとめられる

エビログ

今回はさくらい海老さんのブログ『エビログ』からご寄稿いただきました。

『Twitter』のデマ発信源はつきとめられる
『Twitter』で震災関連のデマが問題になっている。デマは不安を煽り、混乱をもたらす。人命もかかってる非常時に。大迷惑だよね(デマのまとめはコチラ*)。

*:「地震のデマ・チェーンメールその1」2011年03月13日『原宿・表参道.jp』
http://hara19.jp/archives/4905

ってわけで、『Twitter』でデマをはじめてつぶやいた人を『Google』を使って、つきとめてみたよ。

例えば……
「ワンピース作者の尾田栄一郎さんが15億円寄付」
このデマの発生源をつきとめてみよう。

まず、普通に『Google』検索してみよっかな。
「尾田栄一郎 15億円寄付」キーワードはこんな感じ。

検索結果

dema01

▲デマと分かった今はこんな感じ。

デマだという事は分かってもデマの発信源は分からない。

ってわけで『Googleリアルタイム』。『Twitter』や『Facebook』のつぶやきを、リアルタイムで表示するツール。

dema02

▲左のサイドバー内

クリックすると、こういう画面↓

dema03

▲今もたくさんの人がつぶやいてるね。

dema04

▲んで、ここに注目。

『Googleリアルタイム』は“現在”だけでなく“過去”のリアルタイムも確認することができる。

では、時系列をさかのぼってみよう(アイビームの位置を変えるだけ)。

dema05

▲14日の15時あたり

この盛り上がりは「デマだからRT拡散中止!」の拡散によるもの(´~`;)。

dema06

▲13日の18時あたり

アイビームの前を見ると、チョビチョビと短いバーがある事に気付く。つまり、その間はフォロワー少ない人のコミュニティでくすぶってて、アイビームのあたりで、フォロワーが多い人がデマとは知らずに、リツイート(RT)した結果、急激に拡散してしまったってことだね。

では、もっとさかのぼってみよう。

dema07

▲見つけた、このひと。一応モザイク。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。