体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこに寄付をしたら どこにお金が行くのか

It's Real Intelligence! 7

今回は入谷聡さんのブログ『It’s Real Intelligence! 7』からご寄稿いただきました。

どこに寄付をしたら どこにお金が行くのか
震災被災者を支援するための寄付先に迷ったので、どこに寄付したら、最終的にどこにお金が行くのか、少し調べてみました。
(諸々の数字は、2011/3/17 記事公開時の数値です。数値、情報ともに更新の可能性があります。最新情報は下記の元記事、およびリンク先をご確認ください)

どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか『It’s Real Intelligence! 7』
http://irritantis.info/archives/652

●大口の窓口としての、日本赤十字社
「日本赤十字社(通称:赤十字、日赤)を通じて」という表記をよく見かけませんか?
グルーポンのマッチングギフト方式の寄付1.7億円や、ユニクロと柳井さんの14億円は、日本赤十字社を通じて、被災地に送られる“義援金”となります。
他にも、『Yahoo!』(4億円拠出済み!)、『mixi』、『GREE』、『はてな』、『ニフティ』、『DMM』、『ローソン』、『楽天銀行』など、一般向けに募集されている義援金は、かなり多くのケースで、日本赤十字社に一旦集約する形になるようです(寄付控除対象ともなり、様々な手続きでやりやすい面があるのかも……)。

日本赤十字社ウェブサイト

写真:日本赤十字社のウェブサイトより

さて、その赤十字に行ったお金はどうなるのか?
その使途は、“義援金配分委員会”なる組織が決めていくことになるそうです。

通常、義援金配分委員会の構成員は、学識経験者、被災者代表、義援金交付団体、福祉団体代表。そして、配分先は、“被災市町村”を通じ、被害の度合いに応じて“被災者(世帯)”に個別に振り込まれる枠組みになっているようです(詳細、間違いや誤解あるかもしれません)。今回は、“市町村”という自治体機能が失われているところもあり、配分結果については注意深く見守っていきたいです。

参考1)中越沖地震の際の義援金配分委員会設置要綱
新潟県中越沖地震義援金配分委員会の設置について『新潟県』
http://www.pref.niigata.lg.jp/shinsaifukkoushien/1194192986760.html

参考2)平成20年宮城内陸地震の際の配分結果。個人単位の単価が出ています。
「宮城県災害義援金募集配分委員会」において決定された内容について『宮城県』
http://www.pref.miyagi.jp/hohuku/07saigai/haibunkekka.pdf

赤十字本体の活動としては、60班を超える「救護班(医師1・看護師3・運転手1・事務管理要員2)」の派遣と、救援物資として9万枚を超える“毛布”の支給を行っています。現状の活動報告を見る限り、いわゆる避難所への食料や生活物資を届ける活動はおそらく別の枠組みと思います。

こうした“赤十字の先”については、私も赤十字の公式サイトをよく読むまで全然知らなかったので、寄付する際は知っておくとよいかと思います。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。