体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

牡蠣ソムリエが選ぶ「最高の牡蠣」を食す!@『オストレア 新宿三丁目店』

ossin-12_R

さて、今回は都内を代表するオイスターバー『オストレア 新宿三丁目店』(以下、オストレア)を紹介してみようと思います。

正直、筆者は今まで「オイスターバー」なる店には行った事がありません。果たしてどんな場所なのでしょうか?

新鮮な牡蠣が揃う専門店

ossin-26_R

『オストレア』は都内にあるオイスターバーでも、かなりの人気店なので無料アプリの『LINEグルメ予約』で予約してから訪れてみました。

まず店に入って一番最初に目につくのは、氷の上にズラリと並べられた新鮮な牡蠣の数々です。

ちなみにこれらの牡蠣は『オストレア』にある牡蠣の、ほんの極一部に過ぎません。

オイスターバーの醍醐味は、これらの新鮮な生の牡蠣と「お酒」を愉しむ事で、実に様々な牡蠣を食べられるという事です。

お酒も豊富に揃っています

ossin-3_R

そして『オストレア』はオイスターバーなので、当然ながら各種のアルコール類を揃えています。

やはり牡蠣と言うと「白ワイン」なイメージですが、そこは好きな酒を飲むのが一番です。

筆者はビール党なので、やはりビールは欠かせません。最初の一杯はそれっぽく『ギネス』を頂きます。

『オストレア新宿三丁目店』ではドラフトビール、つまり樽生の『ギネス』が飲めるので、嬉しいですね。

当然、ワインも各種揃っていて、お酒が好きな人は2倍楽しめる空間になっています。

まずは『オイスター・プラッター』がベスト

ossin28_R

とにかく牡蠣の種類が多過ぎて、メニューを見ても何から食べて良いのか見当もつきません。

そんな時はまず、この『オイスター・プラッター』をオーダーすれば間違いありません。その日に仕入れた牡蠣を吟味して盛り合わせたメニューです。

しかも、それぞれを単品でオーダーするより金額的にも「お得」なので、まずは『オイスター・プラッター』を食べてから、好みの牡蠣を追加するのがベストです。

一人ならば6ピース、二人ならば12ピースが丁度良いと思います。

頼んで良かった『オイスター・プラッター』

ossin-5_R

そして筆者の元へ『オイスター・プラッター』が運ばれて来ました。これは実に壮観な眺めですね。この時に

「左側から右回りで味が濃くなっています」

との説明を受けます。より牡蠣の味を明確にする為には、薄い方から食べた方が良いとの事。

なるほど。

当たり前の事ですが、それぞれの「牡蠣の味」を知らなければ出来ない技ですね。筆者が個別に牡蠣を注文したら、それこそバラバラにオーダーすることになってしまうので、プロに任せれば完璧です。

と、言う訳で牡蠣の素人が書くよりも、まずは「牡蠣のプロ」に任せる方向で記事を進めてみましょう。

筆者が牡蠣の味を語るよりも、コチラの方が正確かと存じます。

『コフィンベイ』 オーストラリア・南オーストラリア州

ossin-6_R

「日本人に最も愛される甘い牡蠣」と言われている。甘味の中に透き通る海の塩味が心地よく貝柱の食感も楽しめる、美しい牡蠣。
(『オストレア』ホームページからの引用です)

『能登かき』 石川県

ossin-7_R

肉厚なのにソフトで、噛むごとに広がる甘味はまさに口の中でとろけるよう。土も海も柔らかいとされる能登らしい、美しくバランスのとれた味わい。
(『オストレア』ホームページからの引用です)

『大黒神島』 広島県

ossin-8_R

「大黒神島」という名の無人島近くで育てられる広島の若牡蠣。塩分濃度が高く、プランクトンの少ない海で育てられる、比較的大振りな牡蠣は季節と共に味わいの変化を楽しめる一品。
(『オストレア』ホームページからの引用です)

『夏坂越』 兵庫県

ossin-9_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。