ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『カレーハウスCoCo壱番屋』がカレー6万6千食を被災地へ支援

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
coco

日本国内のみならず海外でも大人気のカレーレストランといえば『カレーハウスCoCo壱番屋』ですよね。なぜか突然食べたくなる、非常に美味しいカレーとしてファンも多くいると思われます。そんな『カレーハウスCoCo壱番屋』が、東北地方太平洋沖地震の被災地にカレーを支援することが判明しました。

『カレーハウスCoCo壱番屋』を運営している壱番屋・経営企画室によると、3月16日(水)に被災地に対し、自社のレトルトカレー6万6千食を支援したとのこと。また、企業支援として珍しい試みですが、炊き出しも行うと発表しています。

炊き出しは3月18日(金)以降に準備が整いしだい、1日2千食を目安にカレーライスを提供するとしています。食料が少なく、寒さに震えている被災者の方たちにとって、アツアツのカレーライスが食べられるのは非常に助かる支援だと思われます。

どの被災地に対してカレーが支援されるのかまだ不明ですが、「被災地域の店舗では、状況に応じて自主的に炊き出しを実施している店舗もございます」というコメントも出ているので、一部の被災地店舗では炊き出しが始まっているようです。

『カレーハウスCoCo壱番屋』もそうですが、今回の震災では多くの企業が義援金を出し、支援物資を出し、被災地や被災者を支えています。「阪神淡路大震災のときに受けた恩を今こそ返したい」という人も多くいるようです。

画像: カレーハウスCoCo壱番屋
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。

■関連記事
ガスが止まって困った! 東京ガスが「ガスの復帰方法」をメール送信
NHKの通常番組を無料視聴できるサイトが話題に
ホームレスが帰宅困難な人にダンボールを渡す「いつも私達は横目で流してるのに」
ソフトバンクモバイルのメールが完全無料「すべてのお客さまのすべてのメール」
【神対応】1500円のiPhoneアプリ『家庭の医学』が今なら無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。