体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【食べてみた】新つけめん激戦区・新宿【荒海】

春雨が降りしきる4/21午後、新たなるつけ麺屋が開店した。その名も『あら炊き豚骨 荒海』。新宿西口は『つけ麺屋やすべえ』『風雲児』などの人気つけ麺屋が軒を連ねており、多くのつけ麺通たちを唸らせてきた。そして、新たなるつけ麺屋が今か今かと待ち望まれている、新つけめん激戦区である。

そこに新たな刺客としてあらわれたのが、この『荒海』である。早速、ガジェット通信イチの(見た目が)食いしん坊記者・周二郎が現場へ飛んだ。歩いて。

さぞかし行列ができているだろうと思いきや、まさかの一番乗り。我々が並びはじめると、すぐに行列ができた。並ぶ人が増えるにつれ、期待に胸を膨らます。周二郎記者は、まだ食べてもいないのに腹まで膨らんでいる。

どうやらオープンの日は夜のみの営業のようで、18時ジャスト、威勢のいい声とともに店がオープンした。注文した料理は、“大盛りチャーシューつけ麺” だ。食いしん坊にとって大盛りとチャーシューの組み合わせは、ゆるぎない一品である。

味は、あっさりとした豚骨スープで、まったくクセが無い。麺は太麺でちょい固め、しかしながらツルツルとした喉ごしを楽しめる。周二郎記者に味はどうだったか聞いてみたところ、「ボクにはしょっぱく感じましたね。ただ新規オープン店は、得てして味が落ち着いていません。一ヶ月ほどして改めて食べてみて、真のその店の味が確かめられると思います。頑張っていただきたい」とのこと、なるほど。これから、つけ麺業界の”荒海”にもまれていくだろう、おおいに頑張ってほしい。

1 2次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。