ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金のためにチャップリンを誘拐!? 40年を経て、実話を映画化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1978年にスイスで実際に起きた「チャップリン遺体誘拐事件」が、まさかの映画化!

1977年12月25日。世界の喜劇王・チャーリー・チャップリンが死去。お調子者・エディの親友・オスマンは、幼い娘を育てながら、入院中の妻の看病に追われ、医療費が払えなくなるほど貧しい日々を送っていた。そんな時、テレビから“喜劇王チャップリン死去”という衝撃のニュースが。エディは、オスマンのどん底生活を救うため、埋葬されたチャップリンの柩を盗み、身代金で生活を立て直そうと犯行を企てる。しかしその計画は穴だらけで――。

40年近い歳月を経て、チャップリンの遺族に全面協力により完成した本作。愛する家族のため、親友のため……追い詰められた2人の最後の賭けはどんな結末を迎える!? 『チャップリンからの贈りもの』公開は、7月18日から。

チャップリンからの贈りもの
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
脚本:グザヴィエ・ボーヴォワ、エチエンヌ・コマール
出演:ブノワ・ボールヴールド、ロシュディ・ゼム、キアラ・マストロヤンニ
(2015年/フランス)
7月18日(土)YEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
©Marie-Julie Maille / Why Not Productions
http://chaplin.gaga.ne.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP