ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本通信が安価なAndroid 2.2タブレット『Light Tab』を3月4日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本通信が安価なAndroid 2.2タブレット『Light Tab』を3月4日発売へ

日本通信は、OSにAndroid 2.2を搭載する7インチタブレット『Light Tab』を3月4日に発売します。携帯電話キャリアのいわゆる“2年縛り”という契約条件なしで、価格が3万9800円(税込み)と安価なことが最大の特徴です。

7インチ、800×480ドットのタッチパネル液晶を搭載。マルチタッチには非対応となっています。3GとWi-Fiに対応し、製品には10日間の定額データ通信SIMが付属。SIMロックはされていないので、同社が販売する製品以外のSIMカードも利用できます。『Androidマーケット』アプリを搭載し、アプリをダウンロードしてカスタマイズが可能。

OSはAndroid 2.2。2.2から追加された、本体をWi-Fiルータとしてほかの機器をインターネット接続するテザリングの機能が利用できます。同社に取材したところ、『Flash Player 10.1』の動作は保証していないとのこと。Flashコンテンツは利用できないので注意が必要です。詳しくはガジェット通信の記事「Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない」( http://getnews.jp/archives/89453 )をご覧ください。

同社が販売するAndroidスマートフォン『IDEOS』同様、テザリングが利用できる普及モデルのAndroidタブレットという位置づけと考えられます。気軽に導入できるAndroidタブレットとしては魅力的な製品といえるのではないでしょうか。

『Light Tab』主な仕様
サイズ:W110×D12.6×H192mm
重量:約390g(リチウムイオン電池装着時)
OS:Android 2.2
Wi-Fi規格:IEEE 802.11b/g準拠
ネットワークおよび周波数帯:800/1900/2100MHz(WCDMA/HSPA)、850/900/1800/1900MHz(GSM)
通信速度:7.2Mbps(下り)、5.76Mbps(上り)、『b-mobileSIM U300』使用時にはベストエフォート上下300kbps
ディスプレー:7インチTFT液晶 26万2000色 800×480ピクセルWVGA、マルチタッチ非対応
外部メモリー:microSD/microSDHCカード対応(最大32GB)
カメラ:CMOS 300万画素カメラ
Bluetooth:bluetooth 2.1
USB:microUSB
Wi-Fiテザリング:IEEE802.11b/g準拠、WPA/WPA2 PSSK対応
バッテリー:リチウムイオン電池 3400mAh

■関連記事
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
アキバにあるAndroidタブレット“aPad”の専門店 NextFun に行ってきました
KDDIがAndroid 2.2搭載の7インチタブレット『SMT-i9100』を3月11日に発売へ
ガジェット通信はAndroid記者を募集しています
NECビッグローブが7インチAndroidタブレット『Smartia』を12月6日に発売へ

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。