ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日清『カップヌードル』からパスタが登場!! 本場イタリア人に「認められなかった」そのお味は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

6月22日、日清は新基軸の『カップヌードル』である『カップヌードル パスタスタイル』を発売することを発表した。味は『ボンゴレ』『ボロネーゼ』の2種。発売は6月29日からとなる。

『カップヌードル』では今年、「STAY HOT(もっとやれ)」をスローガンとともに、これまでのインスタントラーメンの概念を覆すような新商品が次々に発表されている。野菜たっぷりの『カップヌードル ベジータ』や、スープを飲み干しても低カロリーな『カップヌードル ラタトゥイユ』『カップヌードル バーニャカウダ』などが、既に大いに話題に。

そして今回は『カップヌードル パスタスタイル』の登場だ。形状はあくまで『カップヌードル』でありながら、湯切りをして食べるようになっている。

作り方はフタを開け、中の袋を取り出してお湯を注ぐ。

5分待ったら、別方向の湯切り口のシールをはがしてお湯を捨て、最初に取り出した粉末ソースと調味オイルを入れてよく混ぜるだけ。片手でも湯切りが簡単に行える仕組みになっている。

味の種類はあさりのうまみとオリーブオイル、ガーリックの風味が利いた『ボンゴレ』と、トマトベースのソースに肉ミンチや玉ねぎが入ったコク深い味わいの『ボロネーゼ』。

出来上がりはいたって普通のパスタのように見える。気になるお味は……「パスタであって、パスタでない味」。ソースは間違いなく、おいしい“ボンゴレ”“ボロネーゼ”の味なのだが、もっちり、プリッとした食感の麺の味は『カップヌードル』そのものなのである。

カップヌードル 「Pasta? Not Pasta? 篇」
https://www.youtube.com/watch?v=fpc6t__qNyA[リンク]

実際、パスタの本場イタリア・グラニャーノの現地の人々も、86%が「パスタではない」と答えたらしい。日清はそこを逆手にとり、「イタリア人が認めなかったパスタ」「気にせず、新発売」とプロモーション。

“パスタマン”の姿で登場したブランドマネージャー藤野誠氏が説明するには、この味わいの秘密は麺の製法。なんと通常のカップヌードルと同じく“切り出し麺”を採用しているのである。通常の麺よりは丸く、太くカットされ、パスタらしい麺に仕上がっているが、味はほとんど『カップヌードル』そのものである。だが、その「パスタか、パスタじゃないのか」わからない味が意外とクセになるおいしさなのだ。日清は、作り方とその独特な味わいで、本格パスタとして売り出している同社の製品『スパ王』と棲み分けしていく方針だ。

パスタなのに、あくまで『カップヌードル』らしい新商品『カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ』『カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ』。この不思議なおいしさで『カップヌードル』シリーズの新定番となるのか。注目の二品である。

製品情報

カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ/ボロネーゼ
内容量:86g(麺75g)/93g(麺75g)
価格:198円
発売日:6月29日
発売地区:全国

イタリア人が認めなかったパスタ。カップヌードル・パスタスタイル
http://www.cupnoodle.jp/pastastyle/

カテゴリー : グルメ タグ :
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP