ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最高の音質にクリスタルな美しさを『グラススタンドスピーカー』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シンプルなデザインが似合う美しいフォルムの中に、こだわりぬいた最高の音質――クリスタルのようにクリアなガラスに包まれたスピーカーシステムが登場しました。

レンズ用光学ガラスに包まれたスピーカーユニットから、クリアで拡がりのある音が再現される『グラススタンドスピーカー(SP0001)』が、照明メーカーのオーデリックから発売されました。スピーカーシステムには、ケンウッドが”原音再生”をコンセプトにした高音質技術を提供。オプションの『ライトアップステージ』を使うと、ガラスのなかにLEDの光が分散してスピーカー全体を包み込んでくれます(ライトアップ時の写真はこちら)。


『SP0001』のスピーカーユニットは、円筒形と円錐形を組み合わせた”アルミダイキャストボディ”によるスマートで堅牢なきょう体が、不要な振動を排除。低音専用設計のウーファーとソフトドームを採用した高品質なツィーターを最良のバランスで組み合わせることにより、低音から高音までワイドで厚みのある音を可能にしています。ダクトには真ちゅうを使用して内部音圧の影響を最小限にとどめ、さらに構造の工夫(特許出願中)によりサイズを超えた低音の再生を可能にするなど、妥協なくこだわった音作りがされています。

ガラス素材の魅力を引き出す『ライトアップステージ』には、『SP0011(青色LED)』と『SP0012(白色LED)』の2色を用意。スピーカー下部に取り付けると、ガラス内部に光が分散・屈折してスピーカーを色と光で演出します。

気になるのはお値段のほうは、スピーカー『SP0001』が10万5000円、『ライトアップステージ』が2万1000円(1個)です。高いと見るか、安いと見るかは、ライフスタイルや趣味によってさまざまだと思いますが、こういう美しいものの場合はたとえお財布が痛くても(破れても!)”惚れ買い”するのもありかもしれません。

ちなみに、購入すると先着10名まで『音質マイスター』がリスニング環境に合わせた設置方法をサポートするキャンペーンも実施されていますので、心が決まっているならいますぐどうぞ(このニュースの元記事はこちら)。

主な定格『SP0001』
型式;2ウェイ2スピーカー/バスレフ型
インピーダンス:8Ω
最大入力:10W
再生周波数範囲:80Hz~25kHz
ウーファー:6cmコーン型
ツィーター:2.5cmソフトドーム型
出力音圧レベル:80dB
サイズ:140W×170H×195D
重さ:2.3kg(1台)
製品販売『Kenwood ec direct』:http://www.ec-kenwood.com/

■こんな音に関するニュースもあります
古いカセットテープをMP3に変換『CASSETTE to DIGITAL』
うるさい音をシャットアウト! 遮音カーテンは本当に音を遮断できるのか!?
iPhone&iPod touch版アプリ『Skype』徹底レビュー
ペンタブレットでおなじみのワコムがDJ機器を開発?!
『ニコニコ動画』で “ニコ生ラップ” が大人気! 出演者デザインのシャツをプレゼント!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。