ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

可愛くなくて話題!? 思わず見つめちゃう“猫まんじゅう”はインパクト抜群 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


岐阜県高山市に本店を構える和菓子処「稲豊園(とうほうえん)」は、今月より『招福・猫子(ねこ)まんじゅう』のネット販売を開始。

この商品は4月に本店と支店「なな草」で発売したところ、その“キモカワ”なビジュアルが地元・岐阜高山で話題に。その人気をうけ、ネット販売をすることになったそう。


猫なんて大体可愛くできるのに、和菓子屋の隣の路地裏で暮らすノラねこ達をイメージして作ったというこの猫子まんじゅう、見れば見るほどなんとも言えない気分になる顔……。かわい……くない(笑)。そもそも不思議な顔の形、猫なのかすら疑問に感じてきます。

しかし、路地とはざっくりした生活の場であると同時に、何やら異形の空間に通じるような神秘性も備えている、と感じて作っているそうなので、このようなアートなデザインになったのかも。


バリエーションは白、黒、三毛、とら、ロシアンブルーの5種類。皮生地も、中の餡も、5種類全て違うので「まんじゅう」としても十二分に楽しめる商品。

手土産として渡せば、話題になること間違いなし!

『招福・猫子(ねこ)まんじゅう』

とら猫(黒糖生地・小豆粒あん)
黒猫(竹炭生地・黒糖あん)
三毛猫(プレーン生地・抹茶あん)
ロシアンブルー(黒ごま生地・小豆こしあん)
白猫(プレーン生地・クリームチーズあん)

価格:
1個 185円(税込)
5個箱入 1150円(税込)
10個箱入 2200円(税込)

商品詳細:
http://tohoen.com/seasonal-items.html

カテゴリー : グルメ タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP