ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シックで大人なショートフィルムを上映。「フレンチロマンスショートフィルムプログラム」

Moonlight

5月31日(日)から7月15日(水)は「横浜フランス月間」。これにちなんで、6月17日(水)から7月15日(水)までの期間、「フレンチロマンスショートフィルムプログラム」が開催される。

登場する作品は、4作品。オドレイ・トトゥ主演『月夜の恋占い』でメガホンをとったローラン・フィロード監督による『ムーンライト・セレナーデ』や、代々続く鉛筆削り屋の話『僕は鉛筆削り屋』、発明家と姫の恋を描く『虹のふもとで』など。愛の国フランスのシックで大人なロマンスを感じ取れるラインナップ。

シアターカフェでは、フランスのビールクローネンブルグ(600円)とアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理キッシュ(野菜のキッシュ・きのこのキッシュ2種類入って単品350円)も楽しめるとのこと。

日本で唯一のフランス文化、美食の祭典となっている「横浜フランス月間」は、その他にもフレンチポップコンサート、写真展、ダンス公演、美食セミナーなども開催中。
ショートフィルムはもちろん、その他のイベントにも参加してみてはいかが。

『Moonlight Serenade / ムーンライト・セレナーデ』 
Laurent Firode / 9:25 / コメディ / フランス / 2014

Moonlight

星占いによるとジュリエットは今日、
小さいころの初恋の相手に出会うらしい…

『Follow the Rainbow / 虹のふもとで』 
Chris Schepard / 5:10 / ロマンス / フランス / 2010

FollowTheRainbow

「昔々、ある発明家が姫に恋をしました。」
発明家と姫の恋、それは虹がかかった恋。

『I’m a Sharpener / 僕は鉛筆削り屋』 
Mahdi Lepart / 16:17 / ドラマ・ロマンス / フランス / 2013

SHARPENER_AUTONOME

ハリスは代々続く鉛筆削り屋。
筆跡はその人のすべてを映し出す―それがたとえ望まれないとしても。

『Bye Bye Melancholy / さよなら、メランコリー』 
Romain Laguna / 22:05 / ドラマ・ロマンス / フランス / 2014

Bye-bye-Melancholy

パリ祭で街がお祭りモードの中、モラッドは彼女とも別れ、
ふてくされながらもレジで働いていた。そんな中、
店の前にサイレンを付けたままの救急車が停まっていることに気付く。

チケット料金
¥1,000:大人 / 学生・¥800:小人(3歳〜中学生)・¥800:シニア(60歳以上)
¥800:ハンディキャップ(付き添いの方1名まで同額)

上映スケジュール:http://www.brillia-sst.jp/theater-schedule/

WEBでのチケット購入:http://www.sstheater.jp/sst/schedule/index.php
※クーポン・その他割引等については窓口で対応致します。
※チケット購入後は払い戻しができませんのでご注意下さい。
※ご不明点はチケット購入前にご確認下さい。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。