ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これがスイーツ!?ベリーゼリーの“まぐろ”、杏仁豆腐の“いか”、タピオカの“いくら”に仰天!!味も納得の「スイーツちらし」台数限定で登場!!

今回ご紹介するのは彩り鮮やかなネタを取りそろえた海鮮ちらし…ではなく、なんと具材がすべてお菓子でできている“スイーツ”ちらし。

小樽洋菓子舗ルタオが、スイーツで作るちらし寿司「スイーツちらし」(5,400円・税込)を6月1日より1000台限定で販売した(8月31日まで受付)。

みんなで盛り上がれるような、サプライズ感あふれるスイーツを作れないか。そんな発想から開発が始まったというこの「スイーツちらし」。

開発のヒントになったのは、ルタオのお店が並ぶ街、小樽。海沿いにある小樽には、いつも新鮮な海鮮があふれている。
サプライズ・小樽・海鮮・・・それらのイメージから華やかな「ちらし寿司」が浮かび上がり、「スイーツで作るちらし寿司」という発想が生まれたという。

「ちらし寿司」の特徴といえば、盛りだくさんのさまざまなネタ。開発で特に苦労したのが、このネタなのだそう。

ドゥーブルフロマージュをベースとして、「まぐろ」はベリーゼリー、「いか」は杏仁豆腐、「サーモン」はストロベリー味のベイクドチーズケーキ、「いくら」はタピオカなど、彩りの鮮やかさにもこだわりながらひとつひとつ納得の味に仕上がっている。

ところがネタ一つひとつがおいしいだけでなく、全て一緒に食べておいしくなければ本当の意味で「ちらし寿司」とは言えないだろう。
そこでルタオの「スイーツちらし」では、具材ひとつひとつの再現度だけでなく、一緒に食べたときの美味しさにまでこだわった。華やかな見た目も楽しく、ひと口ごとに驚きのある「スイーツちらし」として、遊び心満点の一品に仕上げている。

家族・友人・恋人同士で「スイーツちらし」を囲めば、楽しい時間を過ごせそう。
台数限定での販売となるので、ご予約はお早めに!!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。