ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一のパンも 世界各国の料理を「味見」できるイベント

世界一のパンも 世界各国の料理を「味見」できるイベント
J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。6月4日のオンエアでは、「Taste of Tokyo 2015」を紹介しました。

お台場のシンボルプロムナード公園で、本日から7日まで開催されている同イベントは、世界20カ国の料理やドリンクをテイスティングできるというもの。ロンドン、シカゴ、メルボンなど海外で開催されており、日本での開催は今回が初。シカゴでは100万人以上の来場がある人気イベントだそうです。

イタリアエリアとフランスエリアがあり、イタリアエリアでは、カンパリを飲みながらリゾットやピザを食べるなど、イタリアの雰囲気を堪能できるそう。ビールひとつとっても、ベルギー、ドイツ、モアイなど様々な種類が用意されているとか。そんな同イベントの今回の目玉は、あるゲストの来日なのだそうです。

それが、スペインから来日するチャヴィ・シモンさん。あの世界一予約が取れないレストラン「エルブリ」で、パンを作っていた人で、先日ロンドンで行われた「世界のベストレストラン50」(世界各地の料理人や批評家が優れた料理店50店を選ぶというもの)で1位に選ばれたスペイン料理店「セジェール・デ・カン・ロカ」も、彼のパンを使っているそうです。会場では、彼のパンを買えたり、無料のパンセミナーを受けることができるなど、貴重な体験もできるとか。

ドイツ生まれドイツ育ちで、パンに対するこだわりも強いナビゲーターのサッシャさん。「世界一のパンはドイツだと思っています」と豪語しましたが、実際にスタジオでチャヴィさんのパン「エレナ」(18世紀の市場で売られていたカンパーニュからインスピレーションを受けたというパン)を食べると、「(オレンジピール、シナモン、ジンジャーなど)えっ、なにこの噛む度に出てくるスルメ式な美味しさ! 最後はアニスの深さがグッとくる。1個のパンでこんなにも色んな味がしてくれるんじゃ……参りました! さすが300年の歴史を橋渡ししてくれるパンですよ」と絶賛。

そのほか、日本の地ビールやテキーラのセミナー、スペイン・オーストリア・ドイツの大使館のシェフによる料理教室、さらに音楽ライブやパフォーマンスを楽しめるそう。まさに食の世界旅行を楽しみながら、料理を学ぶこともできる「Taste of Tokyo 2015」。ぜひ“味見”をしに出かけてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。