ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

北斎の娘はやはり天才!葛飾北斎の娘が主人公の映画「百日紅(さるすべり)」公開

浮世絵には詳しくない、という方でも北斎は知ってる、好きという方は多いですよね。その娘もまた、”おんな北斎”とも呼ばれる天才的な浮世絵師なのはご存知ですか?

A0004510_bg1

彼女の名前は葛飾応為(かつしかおうい)。

この画号は、北斎が「おーい、おーい」と呼んでいたので、それをそのまま号としたというウソみたいな話。ちなみに、応為は不美人で顎が出ていたため、北斎は「アゴ」と娘を呼んでいたという説もあるようです。どちらにせよ、女性の名前の付け方としてはどうなんだという気がしますが・・・・。

この応為=お栄の物語を故杉浦日向子氏が漫画化した原作を、「河童のクゥと夏休み」などで知られる原恵一監督が長編アニメ化した映画「百日紅~Miss HOKUSAI~」が公開されました。

豪胆でも繊細で魅力的な仕事一筋のヒロインの声は歴女としても名高い杏が務め、主題歌は椎名林檎という豪華キャスト。現代の女性像にも近いようで、これは見てみたい!

北斎には二人の息子と、三人の娘(一説に四人)がいて、三女だった応為は、堤等琳の門人・南沢等明に一度輿入れしています。しかしながら、父譲りの才能ゆえか、等明の描いた絵の拙い所を指して笑って離縁されてしまったのだそう(!)。なかなか豪快な女性だったようです。

出戻った応為は、晩年の北斎と寝起きを共にし、自分の作品を制作しながら北斎の制作助手も務めたのだそうです。特に美人画に優れ、北斎の肉筆美人画の代作をしたのも応為だと言われています。

ちなみに私が初めて彼女のことを知ったのは、太田記念美術館で「吉原夜景図」という浮世絵を見たときでした。
まるでジブリ映画のワンシーンのような美しい画にびっくりしたのを覚えています。

260201

大田美術館サイトより)

その太田記念美術館でそんなお栄の希少な代表作「吉原格子先之図」が、映画にあわせて展示される予定です。
5月28日までというから、こちらも映画とあわせて必見なのは間違いありませんね。

映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』オフィシャルサイト

出典:葛飾応為 – Wikipedia

関連記事リンク(外部サイト)

自分の名前をサムライっ”ぽい” 名前に変換してくれる侍ジェネレーター
海外発!葛飾北斎の ”大波” をモチーフにしたデザインパターン
葛飾北斎の作品にポケモンをミックスしてみました…な作品がとっても可愛い♪

Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき