ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Makuake』で達成率571%のシェアビレッジ開村! すでに新村準備も

DSCF3205

2015年2月から4月までの間、クラウドファンディングサイト『Makuake』でサポーターを募集。目標額である1,000,000円を大きく上回る5,717,000円の“年貢”を集め、見事プロジェクトを達成させた『町村SHARE VILLAGE』。

同プロジェクトは、秋田県南秋田郡五城目町の集落“町村(まちむら)”にある茅葺屋根の古民家を後世へと残すため立ち上げられたもの。

サポーターは“年貢”を納めることで“村民”となり、村に見立てた古民家の維持管理や、古民家を拠点にした様々なイベントなどを自主的に企画提案・参加することなどで盛り上げていく。

DSCF3266

そんな注目のプロジェクト『町村SHARE VILLAGE』の開村式と初寄合が、GW期間中の2015年5月2日に開催された。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
https://getnews.jp/archives/948527 [リンク]

快晴の中、全国から“村民”が集結。秋田初来県という人も

DSCF3295

開村式当日も真夏のような暑さとなった秋田県。

五城目町にある『町村SHARE VILLAGE』には、北は北海道、南は鹿児島まで39都道府県862人いるという“村民”のおよそ1割程度が集った。

中には「今回、開村式をきっかけに初めて秋田に来た」という県外からの参加者も。

DSCF3181

村長である武田昌大氏を始めとしたプロジェクトメンバーの挨拶で始まった開村式は、古民家内での食事や休憩・イベントなどが盛り込まれゆる~く行われた。

DSCF3324

築133年の古民家の間取りは8LDK

DSCF3199

古民家は築133年で、昔ながらの土間や三和土(たたき)のある天井の高い茅葺屋根の家。

この日、入り口となったのは本来の玄関ではなく大戸と呼ばれる場所で、今の家で言えば勝手口のようなところだった。

DSCF3194 DSCF3196 DSCF3238

大戸をくぐると、左手には風呂場とトイレ。右手には今風のキッチンがあり、そのまままっすぐ入って行くと正面にかまどや板張りの部屋、右手には囲炉裏などがある畳張りの部屋が並ぶ。

部屋数は、平屋にもかかわらず全部で8部屋(台所を除く)あり、広さは6畳から13畳まで。さらに縁側もあるなどまさに昔ながらの造り。

寝泊まりは8畳間2部屋で

『町村SHARE VILLAGE』は宿泊することも可能となっており、宿泊料金は素泊まりで一泊3,000円(相部屋/男女別)。開村式当日には5名の“村民”が宿泊した。

DSCF3183

宿泊は自由に部屋を選んで寝泊まりできるわけではなく、昔、若夫婦と老夫婦の寝所となっていたという中の間(8畳)と書斎(8畳)での寝泊まりとなるという。

DSCF3187

どちらの部屋も庭の眺めがよく、中の間からは古民家とほぼ同じ頃からあるというオンコの木と、それに寄り添うように植えられている椿を。

DSCF3226
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。