ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベル・アンド・セバスチャン『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』インタビュー

bs

2010年発表の『ライト・アバウト・ラヴ~愛の手紙~』に続く、ニュー・アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』を日本先行で1月にリリースした“ベルセバ”ことベル・アンド・セバスチャン。60年代の英仏米のポップス、70年代のソウルやディスコ、80年代のポスト・パンクをグラスゴー出身のバンドらしい親しみやすいキャッチーなメロディで奏でる彼らの新作はいつになくダンサンブルな仕上がりに。またしても最高なアルバムとなったわけだが、その躍動感あふれるサウンドはどのようにして生まれたのだろうか。2月に行われた「Hostess Club Weekender」の出演直前にメンバーのサラ・マーティンとボビー・ギルディアが語ってくれた。

──約4年半ぶりのアルバムとなりますが、その間にもスティーヴィー・ジャクソンが12年にソロ・アルバム『(I Can’t Get No) Stevie Jackson』をリリースしたり、スチュワート・マードックが映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』を監督していたりと、あなたたちふたりはどうしていたんでしょう?

サラ「その間にはバンドのツアーも1年半ほどやっていたの。スチュワートの映画も手伝ったり、なんやかんやと忙しい4年半だったかな」

ボビー「ぼくはスティーヴィー、ザ・ヴァセリンズ、ティーンエイジ・ファンクラブのジェリー(ジェラルド・ラヴ)のプロジェクトであるライトシップス、マット・コスタ、ロシアン・レッドのレコーディングやツアーを手伝っていたんだ。あ、もちろんスチュワートの映画もね」

──なるほど、ふたりとも休む暇もなくという感じですが、ベルセバとして新作に臨もうとなったタイミングはいつ頃だったんですか。

サラ「2年近く前に行ったヨーロッパとアメリカを回るツアーを終わらせたら、曲作りに入ろうとはみんなで言っていたの。でも、スチュワートの映画作りが一段落するのを待って、その制作終りから公開を待つまでの間にアルバム作りを始めたのよね。曲作りはそれぞれが進めていたんだけれども、みんなが集まった段階で一気に進んでいった感じかな」

bs2 bs3

 

bs5 bs6

bs7 bs4

bs13

──スチュワートの映画はいかがでしたか。

ボビー「ぼくは出演もしているからね(笑)。だから制作の過程も横で見ていたんだけれど、完成試写を見てすごいことを成し遂げたんだなと思ったよ。だって、スチュワートが自腹を切って制作したようなものだからね。よく、がんばったなという気持ちでいっぱいになったよ」

サラ「さらに驚くのはサントラに入れる多くの曲も作って、ヴォーカルのキャスティングも決めてということをすべてスチュワートひとりがやったということ。大きなプロジェクトを背負い込むことを彼は全然怖気づかないの。すごく野心的な人だと思うし。なによりも映画を完成させたということがいちばん感心するわ」

──ふたりから見て、映画が新作になにかしらの影響が与えていると感じますか。

サラ「あれだけ映画に労力を割いた後だから、バンドの活動に戻ってスチュワートはすごく安堵したと思うの。もちろんバンドも大変なんだけれど、映画の制作に必要な時間と苦労に比べたら、慣れていることもあるから彼にとってバンドを動かすということはそんなに大変なことじゃないって、すごく感じていたんじゃないかしら。もちろん、お金さえあればどんな大作だって作ることができる。でも、そうじゃないのよね。彼のように低予算だとその分の苦労もあるわけだし。バンドは自分の思いひとつで能率的に機能させることはできるので、バンドに戻ってきて彼がほっとしている様子というのは私たちも見ていてわかったわ(笑)。」

ボビー「ダム・ダム・ガールズのディー・ディー・ペニーの参加は明らかに映画の影響と言えるね。彼女、実は映画の主役オーディションに受けに来ていて、主役という感じじゃないということで彼女の希望は叶わなかったんだ。年齢が行き過ぎていたというのは冗談だけれど(笑)。でも、スチュワートが彼女のことをすごく気に入ったみたいで、彼女に歌わせたいということで曲を書いたんだ。確かに、それは映画の影響だと言えるかもね」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy