ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Kis-My-Ft2「キスマイ魂で乗り切るしかない」新作MVで史上最も難易度の高いダンスに挑戦

Kis-My-Ft2「キスマイ魂で乗り切るしかない」新作MVで史上最も難易度の高いダンスに挑戦

 3月25日に新作『Kiss魂』をリリースするKis-My-Ft2。ワイルドでロック、尖った男っぽさが存分に表現された今作のミュージックビデオが解禁された。

 今回のMVは、ロック&ダンスに拘りぬいており、ダンスはキスマイのMV史上最も難易度の高いものに挑戦。振り付けを担当したのは s**t kingz(読み:シットキングス)というアメリカ・カリフォルニアにて開催されたダンスコンテスト【BODY ROCK】二年連続優勝経験を持つダンスチーム。「一生残る作品なので、皆さんに届けられるよう時間をかけて撮りました。脚がかくかくになりましたが…」とメンバーの玉森裕太はコメントしている。

 今回の振り付けはキスマイの作品の中でも最も難易度の高い振り付けになっている為、メンバーもスタッフも納得いくまでダンスシーンを撮り続け、40回以上繰り返し踊った。撮影中「キスマイ魂で乗り切るしかない」と玉森も語っていたが、完成度の高い見ごたえのあるダンスシーンが完成した。そしてそれをメンバー別に楽しめるマルチアングルMVを今作に収録。メンバーソロ、グループアングルの計8アングルの11シーンで、前作の1億3千万を大きく上回る85億8千万通りものパターンが存在。

 また、このMVの象徴とも言える振り付けが、メンバーで命名した「ペンギンダンス」。イントロ部分からメンバー全員で合わせる振りとなっており、両手をペンギンのような形にし、体を揺らす動きから名付けられた。

関連記事リンク(外部サイト)

キスマイの冠番組が午後11時に昇格 北山宏光「うれしい気持ちでいっぱい」
イナ戦が新曲MV公開、関ジャニ∞やキスマイも手がける上中の歌詞に注目
2014年最後のHot100首位はキスマイ「Thank youじゃん!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき