ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「nevo」はミニマリストにぴったりのスタイリッシュなスマートウォッチ

nevo2

フィットネストラッカーやスマートウォッチが続々と開発されつつある。最近では搭載される機能が多彩になってきているが、共通するのは“いかにもガジェット”風な外観。

だが、よりファッション性がほしい、シンプルな機能だけで十分というミニマリストなら、間もなく登場する「nevo」がうってつけかもしれない。

・LEDライトで運動量管理

フランス拠点のスタートアップが開発したnevoは、一見普通の腕時計。スクリーンはなく、ボタンが3つあるだけ。だが、Bluetoothでスマートフォンと連携するれっきとしたスマートウォッチだ。

機能としては主に2つあり、まず1つめは、フィットネストラッカー。健康管理のために、1日の歩数や距離、消費カロリーの目標をあらかじめアプリ(iOS、Android)で設定しておけば、どれだけ達成したかをnevoで確認できるというものだ。

nevo3

Nevoの文字盤には円状にLEDライトが設置されていて、ボタンを押すと達成度がライト数で表示されるようになっている。具体的な歩数など詳細はアプリで確認できる。

・着信や通知を振動でお知らせ

もう1つの機能は、スマホのノーティフィケーション通知。メールやメッセージの着信、リマインダー、目覚ましといったアラートを、振動で伝える。

LEDライト6個をカラータイプにアップグレードすることも可能で、そうするとノーティフィケーションの種類に応じてカラーLEDライトを光らせるといった設定もできる。

ケーブルで充電するスマートウォッチが多いなか、nevoはボタン電池で作動する。また、現在、電池不要のソーラータイプも開発中のこと。

価格は250ドル(日本への発送はプラス25ドル)で、4月から発売が始まる。ソーラータイプは300ドルで、8月の発送開始を予定している。

nevo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。