ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「これじゃない感が強い」 『前田有一の超映画批評』で『寄生獣』が25点(100点満点中)
  • 映画コメンテーター有村昆解説! 映画『ラ・ラ・ランド』が分かる3つのポイント
  • 藤沢国際映画祭シンポジウム 『まちに映画館があるということ』レポート
  • あなたは何恐怖症? “お金恐怖症”の主人公が人生を模索する『ジヌよさらば~かむろば村へ~』
  • 【動画】映画『ミュータント・タートルズ』続編、新トレーラーではタートルズが人間になることを思案
  • 音楽家・坂本龍一インタビュー 『レヴェナント:蘇えりし者』でチャイコフスキーに勝利した秘話を明かす
  • 19秒で世の不正を完全抹消する“仕事請負人”が帰ってくる! 『イコライザー2』より本編映像解禁
  • 「ゆうばり国際映画祭」東出昌大・斎藤工ら話題のイケメン俳優が登場! リラックスした表情にキュン
  • 『彼岸島 デラックス』“師匠編”予告で丸太ブンまわし! 声は名優・石橋蓮司[ホラー通信]
  • 今度の“HERO”も桁外れ! 木村拓哉演じる『無限の住人』 万次の凄過ぎるポイント
  • 縦1.8m×横2.4m!『ランペイジ 巨獣大乱闘』の巨大すぎるムビチケを実際に映画館で使ってみた!
  • ガジェット通信の“ウサダ記者”が『アリス』のお茶会&ジャパンプレミアに潜入! 動画もあるヨ
  • 初代エイリアン“ネオモーフ”はこうして生まれた! 製作陣も“ゾッとした”『エイリアン:コヴェナント』メイキング映像[ホラー通信]
  • 大スクリーンでの上映にファン感涙! 劇場版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』上映&烈豪声優の渕崎さん池澤さんスペシャルトークレポート
  • 実写版『AKIRA(アキラ)』は2021年5月公開 監督はタイカ・ワイティティ
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の上映会がロケ地ノルウェーの断崖絶壁で開催 トム・クルーズは不参加

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

「ずごっく」と入力したら「MSM-07」と変換! 『機動戦士ガンダム』とコラボしたデジタルメモ『ポメラ DM11G』

「ずごっく」と入力したら「MSM-07」と変換! 『機動戦士ガンダム』とコラボしたデジタルメモ『ポメラ DM11G』

キングジムのデジタルメモ『ポメラ』に、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』とコラボレーションした数量限定モデル『DM11G』が12月10に発売されます。ただの『ガンダム』カラーというわけではなく、中身のソフトも『ガンダム』仕様にカスタマイズされた、ファン注目のモデル。本日からウェブショップ『プレミアムバンダイ KIWAMONOWEB』(http://p-bandai.jp/kiwamonoweb)で予約受け付けを開始しています。価格は3万9900円(税込み)です。

『DM11G』は、キーピッチ約17mmの折りたたみ式JISキーボードと4インチ、640×480ドットのモノクロTFT液晶を搭載したデジタルメモ。1ファイルあたり全角2万8000文字の入力ができます。内蔵メモリーは約89MBで、1000ファイルまでの保存が可能。

『シャア・アズナブル モデル』『ランバ・ラル モデル』『ジオン軍 モデル』をラインアップ

今回は、『ポメラ』のメインユーザーである30代~50代の男性に人気の『ガンダム』とコラボ。“シャア専用”の赤いカラーの『シャア・アズナブル モデル』、搭乗機のグフをイメージしたブルーの『ランバ・ラル モデル』、軍制式をイメージしたグリーンの『ジオン軍 モデル』という3タイプをラインアップしています。本体外装と文字のプリントを含むキーボード、専用ケースは各モデルごとにデザインされており、『ランバ・ラル モデル』にはグフのヒートロッドがあしらわれるという凝りよう。是非3モデルを見比べて選びたいところですね。

『ガンダム』仕様は外側だけではありません。登場人物や機体名などの『ガンダム』用語が事前に登録されており、用語満載の文章をスムーズに入力できるという、ソフトウェアのカスタマイズまで施されています。たとえば「あむろ」と入力すると「アムロ」「アムロ・レイ」が変換候補になり、「ずごっく」と入力すると「ズゴック」「Z’GOK」「MSM-07」が変換候補になるとのこと。どんな用語に対応するか、ファンならチャレンジしてみたくなります。

終了画面の例

さらに、起動画面には『機動戦士ガンダム』のロゴを表示した後、「ガンダム大地に立つ!!」「脱出」など、テレビアニメシリーズ全43話の各話タイトルを表示。終了画面には各モデルごとに選定された名場面シーンやモビルスーツのスペックがランダムに表示され、『ガンダム』の世界観を演出しています。キングジムのサイトで見たところによると、セル画をトレースしたためかキャラクターの描写はちょっと微妙な感じがしますが、それも含め毎回の起動と終了が楽しくなりそうです。ちなみに、キングジムの『DM11G』のサイト(http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm11g/lineup/index.html)では、終了画面の例をランダムで表示するので、何度もクリックして楽しめますよ。

画像:キングジムサイトより引用

■関連記事
『ポメラ DM20』を触ってみる 『ポメラ』って本当に使えるの?
キングジム『ポメラ DM20』のQRコードリーダーが『Evernote』に対応
デジタルメモ『ポメラ DM20』に限定モデルと『iPhone』連携アプリが登場
デジタルメモ『ポメラ』にエントリーモデルが登場
デジタルメモ『ポメラ』が大容量メモリーとQRコード機能を搭載

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき