ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 to Paris(原題)』で列車テロを描く
  • 見た目は大人・中身は子ども! 悪ノリヒーロー映画映画『シャザム!』ビリー役のアッシャー君に色々聞いてみた
  • 『シャークネード』シリーズ隠された100のトリビアがスタート! 
  • 映画『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督、リメイク版映画『ラスト・ボディガード』の監督に決定
  • 「ここまでオタクの気持ちを汲み取った映画があったでしょうか!」十束おとは(フィロソフィーのダンス)が『MCU』10年の愛を叫ぶ!
  • 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』:ネガティブなレビューに“悲しむベン・アフレック”の動画が登場
  • 織姫・チャドも登場!実写映画『BLEACH』ついに本予告映像解禁!
  • あの最新ゲーム機も古代技術“オールドテク”に! 冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』ガジェットへのこだわり
  • 打倒 山ちゃん!?映画『アラジン』で吹替え初挑戦! ジャファー役:北村一輝「マーベル作品にも出たい!」
  • 高橋一生がついに恋愛映画初主演! 国民的俳優に登りつめるまでを振り返ってみた
  • 歴史を変えた女傑が陥ったあまりにもバカバカしい窮地 『アメリカでもっとも嫌われた女性』
  • 豊田真由子議員ネタを入れなかったことを後悔?!『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』FROGMANインタビュー
  • 【安室透通信】売り切れ必至!? 5月25日発売「少年サンデーS」7月号は安室透が満載
  • 【人体損壊どんとこい】スプラッターの若き才能を発掘する『学生残酷映画祭2015』 あなたの気になる作品は?[ホラー通信]
  • 安い・濃ゆい・面白い! 洋画DVD再発シリーズ『続・死ぬまでにこれは観ろ!』 ホラーのラインナップはこれだ!
  • ウクライナのレーニン像が『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーに変身

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

マウス症候群を予防 人間工学に基づいて設計した『エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ』

エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ


長時間パソコンに向かって作業していると、親指の付け根や腕、ひじ・肩に痛みやしびれを感じることはありませんか? サンワサプライは、人間工学に基づいて設計した手のひら全体を乗せる特殊形状で、ひじや手首にかかる負担を軽減する『エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ』を発売しました。同社直販サイト『サンワダイレクト』の限定商品で、販売価格はいずれも1万2800円(税込み)です。

エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ

一般的なマウスは、指の置き方が窮屈な状態になりやすく、つい余計な力が入ってしまいがち。長時間のマウス操作は手首に負担をかけやすく、腱鞘炎や“マウス症候群”と呼ばれる症状を引き起こすこともあります。『エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ』は、力を抜いてゆったりと自然な状態で指を置くことが可能。人間工学に基づいた設計で、手首をひねることなく正しいポジションで操作できるため、長時間の作業でも腕が疲れにくくマウス症候群を予防します。

エルゴノミクスマウス 400-MA026シリーズ

サイズは、S、M、Lの3種類をラインナップし、手のサイズに合ったマウスを選択可能。マウスの読み取りはブルートラック方式を採用しており、従来のマウスでは読みとれなかった木材やカーペットなどの上でもストレスなく使用できます。持ち運びに便利な専用ポーチ付き、対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000/Me/98SE/98およびMac OS X(10.2以降)です。
 
 

■関連記事
親指ひとつで空中操作 3代目エアマウス『ゴロ寝deマウス3』発売
親指操作の5ボタントラックボール『ロジクール ワイヤレス トラックボール M570』発売へ
『PS3』も可! マウス&キーボードを2台のパソコンやゲーム機で共有できるスイッチ
水洗いできる! サンワダイレクトが防水仕様のシリコンマウスを発売
ロジクールからクリエーター向け高性能・多機能ワイヤレスマウス『G700』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき