ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロジクールからクリエーター向け高性能・多機能ワイヤレスマウス『G700』発売へ

ロジクール ワイヤレスマウス G700


ロジクールは、クリエーター向けの高機能・多機能マウス『ロジクール ワイヤレスマウス G700(以下、G700)』を9月3日より発売します。マウスでの連続した精密な作業を効率的に行う必要のあるグラフィックデザイナー、CADオペレーター、プログラマー、編集者など、プロのクリエーターに最適なツールです。価格はオープンですが、同社直販サイト『ロジクールオンラインストア』での販売価格は9980円(税込み)です。

『G700』は、操作しやすい位置に13個のプログラム可能なボタンを配置。それぞれのボタンに、コピー/ペーストなどの基本的な機能から、複雑な操作を組み合わせたマクロプログラムまで、多様な操作を設定できます。また、それぞれのボタンには、割り当てた組み合わせ(プロファイル)を最大5種類まで登録可能。作業内容や使用アプリケーションに合わせて、ボタンひとつで最適なプロファイルに切り替えられます。ボタンは、位置と形状によって識別しやすいデザインすることで、押し間違いを低減しています。

ロジクール ワイヤレスマウス G700

独自の2.4GHzワイヤレス技術により、ワイヤレス接続時でも一般的なマウスの約8倍の速度(1000Hz)でパソコンやワークステーションと接続可能。高性能レーザーセンサはわずかな動きも見落とさず、光沢面においてもクリエーターの手の動きを正確にマシンに伝えます。解像度(感度)を200~5700dpiまで調節できる機能を搭載。細かな作業では低感度(低速)に、効率的なカーソル移動を必要とする作業や、解像度の高いモニターや大画面、マルチモニターでの使用では高感度(高速)に切り替えることもできます。

スムーズな動きを実現する低摩擦素材のマウスフィートと、手のひらに沿う曲線デザインで、長時間の作業でも快適な使用感が持続します。レシーバーは超小型で、ノートパソコンに接続したまま持ち運んだり、マウス内部に収納可能。充電式ニッケル水素電池(および付属充電ケーブル)により、充電しながらの作業や充電池を外した状態でも作業できます。対応OSは、WindowsXP/Vista/7、マウス本体のサイズはW79.8×D126.3×H45.9mm、重さ151g(充電池含む)、レシーバーサイズはW14.4×D18.7×H6.1mm、重さ2g。
 
 

■関連記事
ロジクールから快適さと機能性を両立した多機能ワイヤレスレーザーマウス発売へ
高級感ありすぎ!? 専用ケース付きレザー張りマウス&USBハブのモバイルセット
“エアモード”で離れていても使えるマウス『VGP-BMS80』
エレコムが「高速スクロール」「進む/戻る」操作可能な新感覚タッチホイールマウス発売へ
ゆらゆら涼しげなリキッドマウス『USB Optical Liquid Mouse』3種が発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。