ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

今回は、『BDfile』から転載させていただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/770299をごらんください。

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

2015年1月7日(水)、フランス・パリ中心部にある風刺週刊紙シャルリー・エブド本社が覆面をした複数の人物により襲撃され、漫画家5人を含む記者12人が死亡しました。

同紙は以前より、イスラム教を風刺するイラストでたびたび物議をかもしており、一連の犯行はイスラム過激思想に影響を受けてのものとされています。
現場に駆けつけた仏オランド大統領は「新聞社、つまり表現の自由への攻撃だ」と厳しく批判。
その後、9日までに事件の実行犯は全員射殺され、大きな山は越えたものの、パリの路上で射殺された女性警官、そしてユダヤ系食料品店立てこもり事件で殺害された4人の人質を含めると、一連の事件の犠牲者は17人にのぼり、フランスにおいて過去50年で最も犠牲者の多いテロとなりました。

11日(日)には、一連の銃撃事件の犠牲者を追悼する大行進がパリ中心部で行われ、参加者は、事件以降、反テロ運動のスローガンとなった「JE SUIS CHARLIE(私はシャルリー)」をはじめとする思い思いのメッセージを書いたプラカードを掲げ、言論の自由、反テロを訴えました。
デモの参加者はフランス全土で約370万人に達し、フランス政府によると、フランス史上最大規模の抗議活動となったそうです。

そこで、今回は緊急企画として、風刺週刊紙シャルリー・エブドと、亡くなった5人の漫画家について、翻訳家、日仏コーディネーターとして活躍されている鵜野孝紀さんに解説していただきました。

* * *

シャルリー・エブドとは?

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

▲事件当日、2015年1月7日発売号の表紙

1月7日の襲撃事件でスタッフおよび関係者12人が命を落とした風刺週刊紙シャルリー・エブド1960年創刊の風刺誌、月刊『ハラキリ』(Hara-Kiri、仏語で「アラキリ」)をその前身とする。同誌は「バカで意地悪(bete et mechant)」をスローガンに、タブーを知らず、世間の良識を逆なでするきわどいユーモアで何度か発禁処分を受けながらも、一時は25万部の発行部数を誇った。写真のモンタージュでブラックユーモアの効いた広告や名画などのパロディーを得意とし、他の媒体では掲載を拒否された風刺画も受入れ、多くの作家を世に送り出した。

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

▲『ハラキリ』創刊号表紙
※その後の『ハラキリ』の表紙の変遷はコチラ*1から。

*1:「30 terribles couvertures d’HaraKiri!」 『WALL MAGAZINE』
http://wall-mag.com/2012/12/14/30-terribles-couvertures-dharakiri/

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)

▲広告パロディー:「JAVEL(漂白剤の商標)を使えば、あなたも30日で未亡人になれます」

1969年には、より高い報道性を求めて週刊版(『アラキリ・エブド Hara-kiri Hebdo』、次いで『レブド・アラキリ L’HEBDO hara-kiri』)の発行を開始(月刊版はダルゴー社による買収を経て1986年まで続く)。

1970年11月、シャルル・ド・ゴールの死を揶揄した表紙で発禁処分を受けるも、翌週には誌名を『シャルリー・エブド Charlie Hebdo』*2に変えて発行を継続した。1982年に売上不振で休刊するが、1992年に再び発行を再開し、今にいたる。

*2:―前年(1969年)より同じ出版社で発行されていた漫画誌『月刊シャルリー Charlie Mensuel』の週刊版の形をとり、急遽、誌名変更された。『月刊シャルリー』はフランスの作家に加えて、イタリアのグイド・クレパックスなど海外の作家も積極的に掲載。『ピーナッツ』(チャールズ・シュルツ)を広く紹介したことでも知られる。誌名の”Charlie”は『ピーナッツ』のチャーリー・ブラウンから取られた(手本としたイタリアの漫画誌ライナスLinusが『ピーナッツ』の登場人物ライナス・ヴァン・ペルトから取ったことに倣った)。

【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile) 【緊急掲載】パリ銃撃事件:風刺週刊紙シャルリー・エブドと5人の漫画家(BDfile)
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき