ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【1000円以内とんかつ食べ歩き】東京都中央区銀座『とんかつ不二』のかつ定食930円

tonkatsu12

金曜日の並木通りは、夕方からソワソワし始める。この一帯はクラブのメッカ。これから仕事に向う“夜の蝶”たちがせわしなく行き交うのだ。ちょっと濃い目の化粧と普段着のアンバランスさと、これから仕事に向う緊張感なのか、少し上気した頬がエキゾチックに見える。

そんな艶やかな並木通りのすぐ近くの路地にあるのが、『とんんかつ 不二』。こんな一等地にありながら、900円台でトンカツが食べられるのだから、良心的といえよう。

tonkatsu11

早速店に入ると、これからクラブへ出勤すると思われるちょいと年配の女性が既にお食事。金曜日なのに同伴もなく、どこか哀愁が漂う。

メニューを見ると、ロース、ヒレ定食ともに930円、エビフライ定食(930円)、魚フライ定食(800円)などもある。「お酒類は一人3本まで」と書いてあるところが、なんだかほほえましい。

さて、早速かつ定食(930円)を注文。威勢のいい返事のあと、4~5分待って出てきた。

tonkatsu12

ちょっと色は濃いめ。高温で揚げているのであるかな。それに、斜め切りというのが珍しい。斜めにきるとソースがかけやすい(コロモに直接かからない)という利点はあるかもしれないが、箸でつまむときにコロモが崩れやすくなるし、歯ごたえが全然違ってくるので、普通にタテに切ったほうがボクは好きだな。

tonkatsu17

味の方は適度にプリプリしていて、コロモがほんのちょっと苦いけど適度にサクサクしています。ジューシーとはいえないけど、ちょと枯れた年配の大人に似合う味。「昭和のトンカツ」と呼びましょうか。

とんかつ不二
住所: 東京都中央区銀座7-6-2
時間: 11:30~14:00 17:00~21:00
休日: 土日祝

コスパ: ★★★☆☆
味: ★★★☆☆
庶民度: ★★★★★
豚数: 85豚
※価格と評価は筆者来店時のものであり、現在と異なる場合があります

この人の記事をもっと読む http://ameblo.jp/tonkatu/
掲載: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき